ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Column
コラム

WEB制作
ビジネス

採用サイトをコーポレートサイトとは、別に作るメリット

近年、人不足による問題が続いている日本。
人材の不足による企業の倒産や事業の脱退、縮小、重労働など、数々の問題が起きています。
雇用を創造することは、企業の大切な役割ではありますが、日本においては人材の獲得戦争が起きていると言ってもいいかもしれません。
 
2018年現在の有効求人倍率は、2.11倍となっています。
リーマンショック以降、就職難の時代が続いてきましたが、ここ数年間の間は有効求人倍率は2倍以上を維持したままの状態です。
 
それはつまり、職を求めている人(求職者)に対して、2件以上の求人があるということです。
また、新卒採用を行っている会社は事業存続の為に更なる人材の育成や若手層の獲得が必要になります。そこで最近、数多くお問い合わせを頂いている採用強化の為の施策の一つが「採用サイト」の制作です。

photoshop ピント
WEB制作

ピントの甘いブレた写真をPhotoshopで簡単にピントを合わせる方法

「暗い場所で写真を撮ったらブレていた」とか、「シャッターを押したタイミングで被写体が動いた」などで手ブレやピントが甘くなることってありますよね。
そんな写真でも諦めずに簡単に補正をすることが可能なのです。
 
それがPhotoshopCCに実装されている「ぶれの軽減」というフィルター。
その操作はいたって簡単なので、やり方とフィルターの効果をご紹介いたします。

WEB制作

デザインの参考③コーポレートサイトの制作に役立つ、フッターの素敵なサイトを集めてみた!

ワンパターン化しがちなパーツのデザインを集めてみた第3弾!
今回はフッターのデザインが素敵なサイトを集めてみました。
 
キャンペーンやイベントなどのBtoCサイトの場合は、フッターを凝ったデザインにしてみたり、面白いギミックを入れているサイトをちょくちょく見かけます。
ただ、そういうデザインはなかなかコーポレートサイトのデザインの参考にはしづらいんですよね。
なので、今回はコーポレートサイトの参考になりそうないつものパターンからちょっとひねったデザインのフッターのサイトを集めてみました。

WEB制作

APNGを使って美しいアニメーションを実装する方法

これまでアニメ画像といえばアニメーションGIFを使って、簡単なアニメや点滅画像などを作成していましたが、GIFは色数が制限されるため、元画像の色数が多い場合は最大でも256色まで色数を減らす必要があり、透過の場合もジャギが出るなど品質的にやや問題がありました。(ちなみに上のアイキャッチ画像は容量の問題があったため、アニメーションGIFで作成しています)
 
しかし、今はアニメーションGIFに代わる次世代アニメーション画像形式としてapng(Animated Portable Network Graphics)という画像形式が追加されています。
身近なところでいうとLINEスタンプの動くスタンプがAPNG画像を使用しています。
 
そして、昨年からChromeでもAPNGに対応しており、今後益々活躍の場も増えるのではないかと考えられます。
そんなAPNGについて紹介したいと思います。
 
※以下、この記事内でAPNG画像を使用しますが、非対応ブラウザでは静止画として表示されるかと思います。悪しからずご了承願います。

WEB制作

その発想はなかった!おもしろい形のメインビジュアルを採用してるWebサイト

メインビジュアルはサイトの「顔」と言われる部分ですから当然ですが、Webサイトを作る時にデザイン的に一番悩むのは、サイトのメインビジュアルです。
むかしはいくつもの画像を使って合成したり、複雑に組み合わせることが多かったように思いますが、最近は写真を一枚バーンと使っていたり、文字を印象的にレイアウトしたり、動画を背景に使ったり。
 
手法は様々ですが、ただ情報を掲載するのではなく、企業や商品のイメージをデザインに反映し、想いや雰囲気といった目に見えないものをデザイン表現しているWebサイトがたくさんあります。
 
今回はその中でも、こんな使い方があったか!と思わされるおもしろい切り抜き方をしているメインビジュアルをピックアップしてみました。

WEB制作

デザインの参考②ヘッダーの素敵なサイトを集めてみた!

ワンパターン化しがちなパーツのデザインを集めてみた第2弾!
今回はヘッダーのデザインが素敵なサイトを集めてみました。
 
IMDではコーポレートサイトを制作することが多く、「ターゲットの年齢層が幅広いこと」「PCで閲覧される方も多いこと」「様々なコンテンツへの誘導がわかりやすいこと」などから、PCのデザインの場合ヘッダーにロゴとグローバルメニューが入る形で制作することがほとんどです。
ただ、前回のボタンと同じでヘッダーも似たようなデザインになってしまうことが多く毎回悩んでしまいます。
 
そこで、今回はこれまで自分がデザインの参考にしたりいつか試してみたいと思ったヘッダーのデザインを、タイプ別にご紹介させていただきます。

WEB制作

Photoshopの機能「被写体を選択」の精度はどれぐらいなのか検証してみた。

2018年のアップデートで実装された「被写体を選択」という自動選択機能。
人工知能Adobe Senseiが自動的に被写体を検出し、自動で選択範囲として抽出するという機能な訳ですが、この機能が一体どれだけ使いものになるのかを検証してみたので実験の結果をご紹介したいと思います。

Photoshop バッチ処理
WEB制作

Photoshopのバッチ処理でファイル変換を自動化。同じ作業のファイルを一括変換する方法

Photoshopで大量に同じ作業をしないとしなければならない時ってみなさんどうしてます?
100個のファイルに同じフィルター処理を行いたいとか。
EPSファイルを一括でjpegファイルに変換したいとか。
そんな同じ処理を繰り返す作業を自動化していくれるPhotoshopの機能を紹介したいと思います。
 
バッチ処理を活用することで作業の時短を目指しましょう。

WEB制作

WEBサイト制作やリニューアルをする場合、とにかく考えること、行うべきこととは?

当社にお問い合わせを頂くお客様は新たにWEBサイトを制作したり、現状のサイトに何かしらの問題があり、リニューアルを行いたいという内容がほとんどです。
しかし、実際に制作に携わったことのあるご担当者、又はWEBに関するある程度の知識のある方でなければ、先ず何から始めていいのかわからないのではないでしょうか?
 
今では、数多くの制作会社が存在しているので、とにかく問い合わせをすることが一番の近道なのかもしれません。
ただその際に、何も用意が無い状態か、少しでも準備をしているのかによって、我々のような制作会社がご提案出来る幅が変わってきます。
 
今回は少しでもご担当者様の負担を減らす為に準備して頂きたい内容や考えについてお伝え致します。

WEB制作

ホームページの依頼を失敗しないために【見積書編】

ホームページの制作会社から上がってくる見積書は、同じホームページなのに制作会社ごとに見積り金額や見積書の項目が異なる場合がほとんどです。
そのため、初めてホームページを依頼しようとしている方にとっては、何が正しいのかがわからないという問題に直面する可能性があります。
 
例えば、5ページのホームページを作る際に、20万円ほどで作る制作会社もあれば、100万円もかかってしまう制作会社もあります。
なぜそんなにも差が生まれてしまうのでしょうか。

お問い合わせ