ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

あなたも「ぐるんぐるん」しませんか?

Avatar photo
kosei
2015.03.12

gurungurun

以前、二度にわたって「あるアーティストの海外向けサイトをご紹介 Part.1」「あるアーティストの海外向けサイトをご紹介 Part.2」の様な形で、Perfumeのグローバルサイトについて紹介してきましたが、今回もPerfumeの話題についてお話したいと思います。

2015年3月10日に昨年の夏に行われた全国ツアー『Perfume 5th Tour 2014 「ぐるんぐるん」』のDVDとBlu-rayが発売されました。
今まで「GAME」や「⊿」、「JPN」、「LEVEL3」などアルバムが発売される度にツアーを行っていたのですが、このツアーはPerfumeで初めてとなるシングル「Cling Cling」の発売に伴う全国ツアーとなりました。
全7都市14公演のスケジュールのうち、2014年9月21日の代々木第一体育館公演が収録されています。

音楽:中田ヤスタカ、映像:関和亮、演出:MIKIKO、技術:真鍋大度というおなじみの布陣に加え、ステージの美術監督に「思い出のマーニー」や「清州会議」などの映画で美術監督をつとめる種田陽平に参加してもらうことにより、よりリアリティのあるステージセットでのツアーが可能になりました。
今回のツアーの軸となる「Cling Cling」のミュージックビデオで使用したセットをライブセット用に作り変え、「Cling Cling」のアジアンなテイストをライブ演出として楽しむことができたのです。

logo
Perfumeのライブでは「最先端な楽曲」「圧倒的なステージ演出」「クオリティの高いダンス」といったイメージを持たれている方もいらっしゃるかと思います。それも当然あるのですが、それ以前に「あ~ちゃん」「かしゆか」「のっち」という3人で「Perfume」何だということを実感させられるライブでもあります。

今年2015年が結成15周年、メジャーデビュー10周年というアニバーサリーイヤーでもあるPerfumeですが、長年やっているからこその3人の関係性が垣間見える「MC」がPerfumeライブが人気となる理由の一つです。
上京して12年経つ今でもなお抜けることのない広島弁で、台本の無い毎公演異なる話を繰り広げる3人。基本的には3人が楽しく話しているだけなのだが、時にはメンバーやお客さんをイジってみたり、顔なんてわからない一番遠くの席にいるお客さんと会話してみたりと、その会場や公演に合ったMCでお客さんを沸かせています。

その最たる例が、2009年に行われた「直角二等辺三角形 TOUR」10月10日の大阪城ホールでの公演。Perfumeのライブは基本的に2時間半から3時間というのは基本的な公演時間で、このツアーの他の会場も基本的にはその時間内に収まっていました。しかしこの日の公演の公演時間は3時間40分。この公演時間はPerfume史上最長の記録なのですが、公演自体にハプニングがあったわけではなく、純粋にMCで40分以上押してしまったのです。
音楽番組だと尺が決まっているので、そこまで「しゃべる」というイメージは無いかもしれませんが、感極まったりMCが楽しくなってしまったりすると、このように長くなってしまうことが多々あります。
ですが、来ているお客さんはみんな3人の話を聞いて笑ったり、一緒に泣いたりしながらPerfumeのMCを不満なく堪能して、本当にPerfumeが好きなんだと実感させられます。

それは、ライブ中のお客さんを見てても分かることなんです。以前私自身、様々なアーティストのライブを見る機会が多い環境にいたため、数100というアーティストのライブを見て来たのですが、客席の1番上のお客さんまでも立って、手を上げて楽しんでるというライブは実際の所少ないのです。やはり、好きではないけど友達と一緒に来ていたり、招待されて来ているお客さんも多いので、しょうがないことなのかもしれないのですが、Perfumeのライブの場合は最初はあまり乗り気ではないお客さんもその場で好きにさせて、最終的には会場の隅々までPerfumeのライブに参加させてしまうんです。
それがPerfumeの3人の力なんでしょうね。

yoyogi

今回のDVD & Blu-rayでの最大の見所は、公演日である9月21日が「メジャーデビュー日」だということです。
Perfumeが前レーベルである徳間ジャパンコミュニケーションズから1stシングル「リニアモーターガール」をリリースしてから丸9年、10年目に突入するというこの日には様々なサプライズがあったのです。
1つ目はアンコール1曲目の「リニアモーターガール」。この曲は先ほども書いたとおりメジャーデビュー曲なのですが、Perfumeが世間に認知され始めた2007年から8年間、フルバージョンでやることは一度も無かったのです。単純にライブでの盛り上がりに欠けるのが理由だったそうですが、昔からのファンだけではなく最近のファンに対しても大きなサプライズとなりました。
2つ目はスタッフからメンバーへのメジャーデビューしてからの10年間のダイジェストムービー
最終日にのみに組み込まれた演出の一つで、アンコールラストの「願い」と言う曲終わりで、会場が暗転し突如映像が流れ始めたのです。そこで映しだされたのは、2005年のメジャーデビューを発表する映像から始まり、9年間で行われてきたライブやイベントのダイジェストムービーでした。この時点でメンバーとファンは大号泣なのですが、ここでスクリーンには「STAND BY」「GO」の文字。すると一斉にお客さんがピンクと白の厚紙を持ちコレオグラフィーを作り出します。その様子は上記のムービーのラストで見ることが出来ます。
実は私自身、このDVD & Blu-rayに収録されている公演を実際に見に行っていたのですが、私の涙腺は崩壊していました。

lyrics
そして2015年。
「10th Anniversary Year」と銘打たれた新曲「Relax In The City / Pick Me Up」 の発売が決定したり、サッポロビールの新商品「サッポロ グリーンアロマ」の新キャラクターとして起用されたり、グローバルサイトの新コンテンツ「Perfume Translyrics Project」が公開されたりと、アニバーサリーイヤーである今年はまだまだ目が離せないのではないでしょうか。

Avatar photo
投稿者:kosei
2015.03.12 | 08:00
食べてるとき以外眠い by.吉本ユータヌキ