ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

intelがおったまげるほど超小型PCを発表。その名もコンピューティングスティック

廣田 泰規
2015.01.13

どうもこんばんは。廣田です。

先週1月6日~9日までラスベガスで行われたInternational Consumer Electronics Show 2015(CES2015)にて
Intelが家庭用TVのHDMIポートに挿すだけ、まるでUSBメモリのようなPCを発表しました。

 

intelcomputestick
Windows8.1を搭載し、その長さ4インチほどらしいので約10cmほどの超小型PCです。
HDMIポートから電力を供給できるものの、どうやら現時点ではミニUSBポートで電力供給しないといけないらしい。
(これはちょっと残念ですね)

スペックはクアッドコアのAtom Intel CPU (処理スピード不明)
2GBのRAMと32GBのメモリーとの事ですので、余程ハードな処理をしない方には十分なスペックだと思いますが。

でもこれってどう活用すればいいのでしょうね。

同会場ではパナソニックがFireFox OS搭載の4Kスマートテレビのリリースを発表していますし、
TVにOSを内臓するか、それとも外部スティックPCがいいのか、個人的には使いなれたOSで統一出来たほうが使いやすいのですが。

まぁこのスティック型PCはどちらかと言えば低スペックPCへの市場参入となるようですので狙っているターゲットはハイスペックTVの購買層とは違うのでしょうね。

でもほんとこのPCの活用ケースが気になります。どのような環境で使用することを想定しているのだろうか?

それでは、ご清聴ありがとうございました。

 

投稿者:廣田 泰規
  • Twitter
  • Facebook
2015.01.13 | 21:48
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も