ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

私がブログを書く理由。WEBマーケティングのプロとして研究をしているから

廣田 泰規
2017.07.03

私がブログを書く理由は多々ありますが、その一つがWEBマーケティングのプロとして生計をたてているというもの。
WEBマーケティングの研究として色々な実験を行う場と考えております。
そんな実験の場って読者の皆さまに失礼だろって?
誤解の無いよう、また早合点無きよう説明させていただきますと。
真面目に読者の方に少しでも参考になるよう、記事は書いております。
研究しているのは、書いたテーマがGoogleではどのように扱われるのか、はたまた検索ニーズはあるものなのかなどの研究をしています。
この業界ではすでに何年も前からオウンドメディア戦略だとかコンテンツマーケティング戦略だとか、コンテンツファーストなどと言われ、もう耳にタコが出来るぐらいです。
コンテンツマーケティングをするにしても自分たちが実践していないのにお客様にアドバイスなんてちゃんちゃら可笑しいでしょ。
ブログの書き方やテーマ、タイトルの付け方、文字量の目安、画像の配置など、自ら実践しているからこそ的確なアドバイスが出来るというもの。
なので自ら実践をしているという訳です。
 
 

ブログを書いてない人にブログの書き方とかコンテンツマーケティングを教わるのはおかしい

WEB制作会社などが企業にブログの重要性とかコンテンツマーケティングの重要性を説くわけですが。
で、制作会社のサイトを見るといやいやブログの更新頻度が少ないんですけど・・・
これでコンテンツを書け書けって言うのおかしくないですか?
ってなるのは私だけ。
コンテンツマーケティングの効果があるなら自ら実践しているはずなのですが・・・
誰が考えても理屈が合わないですよね。
自ら実践して色々研究したノウハウを提供するのが私たちの役目のはず。
なので私たちは自らコンテンツマーケティングを積極的に実践し、引き合い数を伸ばすことに注力をしている訳です。
 
 

コンテンツマーケティングで成果を上げるために色々な実験を行っています。

ブログを頻繁に更新していると見えてくるものがあります。
あまりヒットしない記事だとか、すぐに反響が出た記事だとか。
そのような経験を踏まえてノウハウを築き上げて行くわけです。
少なからず色々な傾向と対策が溜まって行くわけです。

■季節柄が強いテーマの傾向
■タイトルの付け方によるアクセスアップの工夫
■テーマによる文字量の最適化
■写真や画像の有無によるアスセスの推移
■ドメインの強さや影響力
■SNSでの拡散のしやすさ
■検索ニーズの動向
■記事の賞味期限
■反響までの時間

などなど、ある程度記事のポテンシャルを見図れるようになるには頻繁に記事を更新してその傾向を総括する必要がありますよね。
で、そこで得た仮説を元にまた実験を繰り返していくわけです。
まぁGoogle検索の攻略はそれほど単純なものではないのですので、自らコンテンツを頻繁に投げかけて、観測するというのが私のコンテンツマーケティング攻略の手法ですかね。
なのでブログでは本業とは全く関係のない記事を投稿したりもするわけ。
でも只々研究のためだけって事でもないですけどね。
それなりに営業効果があるから持続している訳ですけどね。
 
 
ではでは

投稿者:廣田 泰規
  • Twitter
  • Facebook
2017.07.03 | 23:17
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も