ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

『君の名は』普段アニメを全く見ない中年のおっさんでも楽しめたって感想。

廣田 泰規
2016.09.04

君の名は
 
これは稀に見る凄いSF映画だ。
と只々感嘆している。
 
 
序盤、現実にはありえないアニメ的な設定が大風呂敷のように広がるので、映像のきめ細かさと目を引くカメラカット割りだけを楽しむアニメ映画なのかと巷の評判を疑ったりしたが、
ストーリーが進むに連れ、その大風呂敷は丁寧に、そして見事に折り畳まれていく。
中年のおっさんが腑に落ちるほど自然に、神秘的に物語は説得力を増してこの不可思議な状況を容認する展開となる。
 
 
童話のような夢物語のお伽話を、現代日本社会の舞台に置き換え、見事にジャストフィットしている作品。
 
 
この物語の緻密さと壮大な展開、舞台設定の巧みさに只々感嘆するのみ。
こんな話、誰も思いつかないわ。と溜息が出るほどのストーリーテラーなんだな。
 
 
この映画の感想がこのような曖昧な感じでしか書けないのはそれほどプロモーションのイメージと映画の根幹の内容が違うからなんです。
この作品はボーイ・ミーツ・ガール的な作品ではなく、自然災害という重いテーマが横たわっている。
 
 
そして感心すべきは映像の美しさとか表現の真新しさではなく、純粋にこの物語の美しさなのだと思う。
中年のおっさんにぜひ見ていただきたい作品。
私も娘に連れてけと言われなければ絶対に出会うことがなかっただろう映画作品です。
 
 
もしかしたらこれまでのジブリ作品よりも一番精神的ダメージを受けた映画作品かもしれない。
私にはこんな話思い浮かぶ自信がない。
 
 
だってお伽話を現代社会で完結させるなんて逃げ場のない設定。
絶対無理ですよ。
ありえない異世界で想像力を広げるほうが楽ですから。
とにかく時間の歪みで異世界に迷い込んだ的な発想しか持ちあわせていませんからね。
そこを真っ向から拒否し、自然災害という重いテーマにも触れつつもSFファンタジーであるたこの作品。
物語としてのバランス感覚やさじ加減もさることながら、食材選びが見事な作品です。
ほほ、この問題をその食材で解決するかって思いう箇所が何個もありました。
 
 

投稿者:廣田 泰規
  • Twitter
  • Facebook
2016.09.04 | 18:34
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も