ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

駐車場での車中泊を公認している施設RVパークなるものがある事を初めて知った。

道の駅での車中泊が物議をかもしているらしい。
車中泊を目的とした道の駅の利用で、長時間の駐車やごみの問題が出ているらしいのだ。

果たして道の駅で車中泊は認められているのだろうか?
調べてみると、前提としては一般的な道の駅での車中泊は禁止だとの事。

しかしながら、長距離ドライブでの休息という利用目的がグレーゾーンとなっている。
休息での仮眠はOKであるわけだけれど、休息の定義が曖昧なこと。
また、公共の無料駐車場であるという認識から個々の駐車場利用の自由という認識もあるのだと思う。

私は車中泊の経験はないが、アウトドア好きとしてはぜひ車中泊をしてみたいという思いがある。
サービスエリアなので車中泊をしている車を見るとうらやましいな。
なんて思うわけだ。

くしくも車中泊ブームのきっかけを作ったのは道の駅であった。
とはいえ道の駅からすれば、そのような利用目的は迷惑千万という事なのだと思う。

そもそも道の駅の目的は道路利用者の休息機能、地域の情報発信拠点機能、道の駅を中心とした地域の人々の連携機能というのが道の駅の役割である。

車中泊はその利用目的からは外れるという事になるのだろう。
道の駅での車中泊が禁止されているとなると一体どこで車中泊をすればいいのだろうか。

そこで知ったのがRVパークというもの。

RVパーク

http://rv-park.jp/

RVパークとは車中泊の公認をしている施設であり、一泊3000円ほどの料金で車中泊が出来るらしい。
電源利用も可能なのだとか。

近年では道の駅の一部がRVパークという施設が増えているとの事。
RVパークには入浴施設がある、もしくは近くに入浴施設があるみたいだ。

RVパークの定義とは下記、日本RV協会によると

1. ゆったりとした駐車スペースで、一週間くらいの滞在が可能
2. 24時間利用が可能なトイレ
3. 100V電源が使用可能
4. 入浴施設が近隣にあることが望ましい
5. ゴミ処理が可能
6. 入退場制限が緩やか 予約が必須ではないこと

との事。

これは良い考えだと思う。
道の駅で車中泊をしている利用者に対して、PVパークを利用するよう注意をすることも出来るし、何よりもPVパークを利用することで何気兼ねなく車中泊を満喫できるというわけだ。
各々が権利の主張ができ、グレーゾーンも解消される。

今では道の駅は全国で1100箇所以上もあり、道の駅の増加を支えてきたのも車中泊ブームである。
ひるがえって車中泊人口は100万世帯ともいわれており、PVパークを併設している道の駅はまだまだ足りていない。

そこで気になるのはやはり、車中泊ブームの実態なのである。
道の駅にて無料で車中泊が楽しめるからブームとなったのか。
RVパークの併設で有料となると車中泊ブームは下火となるか。

どうなのだろうか。
そこのところが気になる今日この頃なのであります。

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2018年08月28日火曜日 | 18:16
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ranking 人気記事ランキング

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ