Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

紫陽花が見ごろな長谷寺を尋ねる【奈良県桜井市】

長谷寺

西国三十三所観音霊場第八番であり、真言宗豊山派総本山である長谷寺へやってきました。
紫陽花シーズンもそろそろ終わりという6月末ですが、果たして紫陽花はまだ綺麗に咲いているのでしょうかね。

また、今日までの特別拝観として、ご本尊である全長12mの十一面観音菩薩様の御足に触れて、直接お願い事が出来るとの事。

長谷寺

駐車場は長谷寺の目の前にあります。
駐車台数70台で駐車料は500円。
休日でも空いていますね。

まずは参拝道で腹ごしらえ

長谷寺

長谷寺

長谷寺

到着時刻はお昼時、まず昼食を食べましょうって事で参拝道でお店を探す。
長谷寺の三門前には約500mほどのお土産、食事処が並ぶ通りがあります。

長谷寺

たどり着いたのはここ。
観光旅館 大和屋さん。
ここで食事を頂きたいと思います。

長谷寺

注文したのはたけのこご飯とそうめんのセット。
1080円。

長谷寺

いやー炊き込みご飯の優しい味がたまりませんなぁ。

長谷寺

冷えたそうめんも旨い。
日本の里のご飯って感じですね。

お店の方の話だと、今週よりも先週の方がお客さんが多かったとの事。
紫陽花の見ごろを逃したかな。

399段の登廊(のぼりろう)を登って本堂へ。

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

一般の入山料は500円ですが、今回は特別拝観料金で1300円。
ご本尊の足元に触れることが出来る期間限定の催しです。

仁王門の奥にある登廊が見えますね。

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

こちらが登廊(のぼりろう)。
399段の階段と聞くと大変そうだと思われる事でしょう。
でもここの階段は段差が低いので比較的簡単に登れます。

それにしても今日は35℃近い猛暑にも関わらず、この場所は随分と涼しい。

長谷寺

この涼しさ、写真で伝わりますでしょうかね。

いよいよ本堂へ

長谷寺

こちらが本堂。

長谷寺

長谷寺

長谷寺

緑が美しいですね。

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

ご本尊の撮影は禁止なので写真でお伝えすることは出来ませんが、12mもある十一面観世音菩薩像は何度見ても美しい。
今回はその御足に触れてお願い事をして来ましたよ。

紫陽花を楽しむ

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

長谷寺

見頃を終えたとは言え、まだまだ綺麗に咲いている紫陽花もありました。
ここで一句、粋な俳句でも歌えればいのでしょうが、そんなセンスを持ち合わせていない残念な私。

まとめ

長谷寺

写真は本堂からの眺望。
長谷寺は花のお寺として四季を通じていろいろな花が楽しめます。
春は桜、牡丹、藤。
夏は紫陽花、蓮、百日紅、彼岸花。
秋は紅葉などなど。

深い谷川にある長谷寺はどのシーズンに行っても四季を感じる情緒ある場所ですね。

長谷寺

最後にお土産は長谷寺みやげ、吉野葛餅おりがさね。
ではでは。

関連記事

荒行で有名な大峯修行の宿場町 洞川温泉を尋ねる... 大峯修行をご存知だろうか。 荒行として知らており、山の崖の際から上半身を乗り出して、崖下に祀られた不動明王を拝む「西の覗き」が有名な修行。 そんな大峯修行の出発地である宿場町、洞川温泉に行ってきました。 信仰文化を色濃く残す風情ある洞川温泉の景観 三連休という事も...
国の重要文化的景観でもある棚田の絶景、和歌山県あらぎ島を尋ねる。... この場所は初めて知ったのは今年に入ってから。 ネットサーフィンをしていた際に偶然知った。 あまりにも珍しいその棚田の光景にカメラ好きの私の心は騒いだ。 場所は和歌山県有田郡有田川町。 大阪で暮らす私の家から車2時間程度で行ける場所。 関西在住...
醤油の発祥地、和歌山有田群湯浅町を尋ねる。... さて、やってきたのは和歌山県有田群湯浅町。 なぜ湯浅なの? 湯浅は2017年に文化庁の「日本遺産」に認定されたことで、町ぐるみの観光整備がされている場所。 2018年4月には新しい観光拠点「特産物流通物販センター・湯浅美味いもん蔵」がオープンし、これからますます観光客が増えるだろうって...
元遊郭だった大和郡山の旧川本家を訪ねる... 2018年1月に耐震工事を経て一般公開された大和郡山市の旧川本家。 大正13年に建てられた遊郭の建物。 昭和33年に売春防止法が出来た後は遊郭は廃業し、しばらく下宿場として部屋を賃貸をしていたらしい。 その後大和郡山市が買い取り、一般公開となった。 ちなみに入場は無料です。 奈...
京都東山を観光、高台寺とか圓徳院とか二年坂、三年坂とか... 円山公園より歩いて京都東山を散策。 ここからブラブラと歩いて清水寺を目指す。 円山公園から二年坂、三年坂へと向かう途中にある「ねねの道」。 この地で余生を過ごした「ねね」ゆかりの地として名付けられました。 無電柱化されているので街並みがすっきりとしていて気持ちのいい道...
京都東山を観光、南禅寺とか水路閣とか琵琶湖疏水とか。... 南禅寺界隈の駐車場事情 観光名所の多い東山界隈は駐車場代が高いですね。 一日の最大料金がなく、常に15分でいくら、30分でいくらという駐車場ばかり。 15分で300円って5時間駐車すると6000円にもなる。 こちらは南禅寺の真ん前にある、観光客用駐車場。 普通車も停...
日本の滝百選の箕面の滝、大阪市内から30分で大自然のパワースポットへ... 本格的な梅雨入りとなった日本列島(北海道を除く)。 これから約一ヶ月ほどは屋外レジャーのしづらい時期。 今週末の天気予報も雨模様との事だったので特に出かける計画を立てていなかったのですが、何やら今日は非常に良い天気だとの事。 梅雨時期では週末の晴天は貴重な日。 これは出かけないと今度...
女人高野 室生寺を観光。 さてさてやってきました室生寺。 自然と調和する佇まいのお寺として四季折々の景観が魅力的なお寺。 関西有数の撮影スポットでもあります。 観光地としてはちょっとさびれた感もありますが、まだまだその観光地としての風情は残っていますよ。 観光地として、観光...

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2018年07月01日日曜日 | 08:56
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ