Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

京都東山を観光、南禅寺とか水路閣とか琵琶湖疏水とか。

南禅寺界隈の駐車場事情

観光名所の多い東山界隈は駐車場代が高いですね。
一日の最大料金がなく、常に15分でいくら、30分でいくらという駐車場ばかり。
15分で300円って5時間駐車すると6000円にもなる。

南禅寺

こちらは南禅寺の真ん前にある、観光客用駐車場。
普通車も停めれるのですが収容台数は10台ほど。
2時間1000円でその後1時間ごとに500円。
観光バス用の駐車場だと思われるのか、乗用車の駐車スペースが10台しかないのに満車ではなさそう。

よりリーズナブルな駐車場を求めてやってきたのは京都市国際交流会館の駐車場。
はじめの1時間は410円、その後30分毎100円。
この界隈ではかなり安い。
それほど遠くもないし。

南禅寺を観光

南禅寺

京都市国際交流会館に車を停めて南禅寺へと向かう。
およそ500m~600mほどの距離。
この道沿いは湯豆腐が頂ける料亭が軒を連ねる道ですが、ブルーボトルコーヒーのお店などもありました。

南禅寺

さて、参拝門です。
朝早いせいか人が少ない印象。

南禅寺

南禅寺

南禅寺の三門。
以前にこの地を訪れたのは紅葉シーズン。
紅葉が美しいのはもちろんですが、青紅葉も映える美しい観光地ですね。

南禅寺

南禅寺

この生き生きとした緑に青い空のコントラストがいい感じ。

南禅寺

南禅寺

こちらは法堂。
三門、法堂を進むと、あの水路閣が見えてきます。

南禅寺の水路閣

南禅寺 水路閣

南禅寺 水路閣

南禅寺 水路閣

南禅寺 水路閣

南禅寺 水路閣

南禅寺 水路閣

花崗岩で作られたアーチ型の橋脚。
その長さ全長93.2メートル。
1888年(明治21)に作られたこの水路閣は南禅寺の景観を損なわないよう設計・デザインされたもの。

なぜこのようなものが作られたのかというと、明治当初、明治維新により日本の中心が東京へと移り変わったことで京都の人々は京都が衰退するのを恐れた。
そこで琵琶湖から京都へと水を引き、水力で新しい工場を興じ、舟での物資の運搬を盛んにすることで京都の繁栄基盤を作ろうと考えた訳。
それが琵琶湖疎水と言われる水路。

この水路閣は琵琶湖疎水の一部なんですね。

南禅寺 水路閣

ご覧の通り、水路閣の上では勢いよく水が流れています。

琵琶湖疏水の要所、蹴上インクライン

南禅寺 蹴上インクライン

南禅寺 蹴上インクライン

南禅寺より歩いて5分程度にある蹴上インクライン。
琵琶湖疏水の舟の運搬をスムーズにするため作られた舟を運搬するためのレール。

標高の高い蹴上船溜りと標高の低い南禅寺船溜まりとの標高差は36mもあり、急な傾斜となっているため、舟を滑車に乗せて往来するために作られたもの。

南禅寺 蹴上インクライン

南禅寺船溜まりの光景。
川の対岸は京都市動物園。

南禅寺 蹴上インクライン

南禅寺船溜まりから運河を経て鴨川へと合流。
舟の物資は鴨川から桂川へ、そして淀川へとつながり大阪へ。

琵琶湖疏水記念館

南禅寺 琵琶湖疏水記念館

こちらは南禅寺の近くにある琵琶湖疏水記念館。
入場無料の施設です。

琵琶湖疏水記念館

琵琶湖疏水記念館

琵琶湖疏水記念館

琵琶湖疏水記念館

あまり人がいませんね。
というか全然人がいない。
記念館には蹴上インクラインの精巧な模型が展示されていました。
まぁこの場所の感想はあまりないかもしれない・・・

まとめ

前回、南禅寺を訪れたのは5年ほど前。
その時は只々紅葉の美しい景観を撮影するために訪れたのだけど。
今回再び訪れてみて琵琶湖疏水についていろいろ学ぶことが多かった。
南禅寺の水路閣を訪れる人は多いけど、琵琶湖疏水って何?
って人も多いのかも知れないなぁ。

せっかく訪れたのだから、何でこんな水路を作ったんだろうと。
興味を持ってもらえたらと思います。

ではでは。

関連記事

荒行で有名な大峯修行の宿場町 洞川温泉を尋ねる... 大峯修行をご存知だろうか。 荒行として知らており、山の崖の際から上半身を乗り出して、崖下に祀られた不動明王を拝む「西の覗き」が有名な修行。 そんな大峯修行の出発地である宿場町、洞川温泉に行ってきました。 信仰文化を色濃く残す風情ある洞川温泉の景観 三連休という事も...
国の重要文化的景観でもある棚田の絶景、和歌山県あらぎ島を尋ねる。... この場所は初めて知ったのは今年に入ってから。 ネットサーフィンをしていた際に偶然知った。 あまりにも珍しいその棚田の光景にカメラ好きの私の心は騒いだ。 場所は和歌山県有田郡有田川町。 大阪で暮らす私の家から車2時間程度で行ける場所。 関西在住...
醤油の発祥地、和歌山有田群湯浅町を尋ねる。... さて、やってきたのは和歌山県有田群湯浅町。 なぜ湯浅なの? 湯浅は2017年に文化庁の「日本遺産」に認定されたことで、町ぐるみの観光整備がされている場所。 2018年4月には新しい観光拠点「特産物流通物販センター・湯浅美味いもん蔵」がオープンし、これからますます観光客が増えるだろうって...
紫陽花が見ごろな長谷寺を尋ねる【奈良県桜井市】... 西国三十三所観音霊場第八番であり、真言宗豊山派総本山である長谷寺へやってきました。 紫陽花シーズンもそろそろ終わりという6月末ですが、果たして紫陽花はまだ綺麗に咲いているのでしょうかね。 また、今日までの特別拝観として、ご本尊である全長12mの十一面観音菩薩様の御足に触れて、直接お願...
元遊郭だった大和郡山の旧川本家を訪ねる... 2018年1月に耐震工事を経て一般公開された大和郡山市の旧川本家。 大正13年に建てられた遊郭の建物。 昭和33年に売春防止法が出来た後は遊郭は廃業し、しばらく下宿場として部屋を賃貸をしていたらしい。 その後大和郡山市が買い取り、一般公開となった。 ちなみに入場は無料です。 奈...
京都東山を観光、高台寺とか圓徳院とか二年坂、三年坂とか... 円山公園より歩いて京都東山を散策。 ここからブラブラと歩いて清水寺を目指す。 円山公園から二年坂、三年坂へと向かう途中にある「ねねの道」。 この地で余生を過ごした「ねね」ゆかりの地として名付けられました。 無電柱化されているので街並みがすっきりとしていて気持ちのいい道...
日本の滝百選の箕面の滝、大阪市内から30分で大自然のパワースポットへ... 本格的な梅雨入りとなった日本列島(北海道を除く)。 これから約一ヶ月ほどは屋外レジャーのしづらい時期。 今週末の天気予報も雨模様との事だったので特に出かける計画を立てていなかったのですが、何やら今日は非常に良い天気だとの事。 梅雨時期では週末の晴天は貴重な日。 これは出かけないと今度...
女人高野 室生寺を観光。 さてさてやってきました室生寺。 自然と調和する佇まいのお寺として四季折々の景観が魅力的なお寺。 関西有数の撮影スポットでもあります。 観光地としてはちょっとさびれた感もありますが、まだまだその観光地としての風情は残っていますよ。 観光地として、観光...

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2018年06月17日日曜日 | 17:22
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ