Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

日本の滝百選の箕面の滝、大阪市内から30分で大自然のパワースポットへ

本格的な梅雨入りとなった日本列島(北海道を除く)。
これから約一ヶ月ほどは屋外レジャーのしづらい時期。

今週末の天気予報も雨模様との事だったので特に出かける計画を立てていなかったのですが、何やら今日は非常に良い天気だとの事。
梅雨時期では週末の晴天は貴重な日。

これは出かけないと今度いつ週末に晴れるか分からない。
さて、自然を求めて何処に出かけようか。

気が向いてパッと行ける自然スポットとは。
そう、箕面の滝がある箕面公園。
大阪市内から約30分とアクセス良好でありながら、森林浴の森百選でもあり、日本の滝百選でもある。
春は新緑、夏は納涼、秋は紅葉、冬は鍛錬の場と四季を通じて気軽に山歩きが出来る場所なんです。

箕面の滝 大日駐車場

箕面の滝の駐車場である箕面大日駐車場に到着したのが11時30分。
約70台が停めれる駐車場。
この日は約半分ぐらいの車が駐車されていました。

ちなみに駐車料金は一日1000円。
ここから箕面の滝までおよそ10分ほど歩きます。

箕面川沿いを歩いて箕面の滝へ

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝へと続く、箕面川の上流。
箕面川沿いの道を歩いて滝に向かう。
箕面大日駐車場は箕面の滝よりも高い場所にあるので、山を下ることになります。

箕面大日駐車場から箕面の滝に向かう途中にある売店兼食事処。
箕面の滝付近にも売店兼食事処があるので、まぁ焦らずに。

箕面の滝

この山の木々がくぼんだ場所が箕面の滝がある場所。
右側あたりにちらっと滝から流れ落ちる川の水が見えますね。

箕面の滝

箕面の滝

アップにするとこんな感じ。
先ほどの箕面川の流れが33mの落差で一気に流れ落ちる音が「ゴー」っと聴こえてきた。

箕面の滝

それにしても緑が濃い。
これが一目千本と言われる紅葉の群生。

箕面の滝

箕面の滝

いよいよ箕面の滝が見えてきました。

箕面の滝を撮影

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

三脚を使用せずにスローシャッターにチャレンジ。
シャッタースピード1/4秒でも周囲の木々がブレまくる。

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

普通に撮影した写真がこちら。
今日は箕面ダムの放水量が多いらしく滝の水量も多い。
2年前に訪れた時よりも外国からの観光客がずいぶんと増えた印象。

箕面公園ハイキングコースを歩く

箕面の滝

さて、箕面の滝から阪急箕面駅までのハイキングコースを歩いて下って行きたいと思います。
阪急箕面駅までの距離は約3㎞。
片道およそ小一時間ほど。

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝から下るとすぐにある茶屋。
うっそうとして涼しげなとてもよい雰囲気です。

箕面の滝

箕面の滝

箕面川に沿って作られたハイキングコース。

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

涼しげな川の流れを眺めながら歩く。
心地よい水の流れる音と野鳥の鳴き声。

箕面の滝

いつもなら阪急箕面駅から箕面の滝までベビーカーを押しながらでも登れるハイキングコースですが、昨年の台風の影響により道が通行止めに。
う回路として階段などが多い健脚コースを歩く。

箕面の滝

普段のハイキングコースはご覧の通り、土砂崩れでかなり危険な状態。

箕面の滝

箕面の滝

こちらが健脚コース。
かなり階段が多く、ぬかるんでいる場所も多い。

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

かなり登山道に近いコースで大変だけれど、その分見られる緑の深さも格別。

箕面の滝

こちらの橋を渡っていつものハイキングコースへと合流。

箕面の滝

ハイキングコースの途中にある茶屋兼食事処。

箕面の滝

箕面の滝

かなり下流の方まで下ってきました。
阪急箕面駅まで後1kmほど。

箕面の滝

川の流れも随分と穏やかに。

箕面の滝

箕面の滝

こちらは箕面の川床「磯よし」

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

かなり麓まで降りてきましたが、それでもこれほど緑豊かな箕面公園。

箕面の滝

箕面の滝

箕面の滝

こちらは大正15年から営業をしている音羽山荘。
まるで昔にタイムスリップしたような情景。

箕面の滝

箕面の滝

こちらは箕面参道口にあるカフェアンドバー「橋本亭」
その佇まいが雰囲気のあるお店ですが現在裏山の土砂災害のため休業中です。
平成28年から休業されていて、2年経ったのでもう営業しているかと思っていたのだが、事態は相当深刻そうな。
まだ休業中でした。

箕面の滝

箕面の滝

先ほどの風情ある橋本亭から歩くこと約1分で景色はガラッと一転する。
写真は箕面温泉スパーガーデンの巨大なエレベーター。
その足元には昔ながらの箕面名物もみじの天ぷらを売るお土産物屋が軒を連ねる。

再び山を登って遅めの昼食

箕面の滝

再び箕面の滝まで戻って遅めの昼食。
滝のすぐ脇にある食事処で食事を頂きます。

注文したのは行者蕎麦600円。
疲れた体に染み渡る濃い目のお出汁のお蕎麦でした。

このお店では鹿肉の料理も食べれるみたいです。

さあさあ長々とつづって参りましたが、梅雨時期に限らず急に天候が良くなったとか。
予定の変更で急に一日空いたとか。
とにかく気軽に森林浴がしたいって人に一日楽しめる箕面公園はおすすめです。

ではでは。

関連記事

京都東山を観光、南禅寺とか水路閣とか琵琶湖疏水とか。... 南禅寺界隈の駐車場事情 観光名所の多い東山界隈は駐車場代が高いですね。 一日の最大料金がなく、常に15分でいくら、30分でいくらという駐車場ばかり。 15分で300円って5時間駐車すると6000円にもなる。 こちらは南禅寺の真ん前にある、観光客用駐車場。 普通車も停...
女人高野 室生寺を観光。 さてさてやってきました室生寺。 自然と調和する佇まいのお寺として四季折々の景観が魅力的なお寺。 関西有数の撮影スポットでもあります。 観光地としてはちょっとさびれた感もありますが、まだまだその観光地としての風情は残っていますよ。 観光地として、観光...
龍王ヶ渕の神秘的な光景を撮影に。奈良県宇陀市にある鏡面の名スポット。... 本日やってきたのは奈良県宇陀市にある写真撮影の名スポット「龍王ヶ渕」 どんな場所かと言うと大和富士と言われる額井火山群の主峰・額井岳(標高822m)の山腹にある自然の景観に包まれた池。     龍王ヶ渕は池の水面に周囲の木々の緑が鏡のように映り込み、神秘的な写真が...
花の郷 滝谷花しょうぶ園に行ってみたらまだしょうぶがほとんど咲いてなかった... 花の郷 滝谷花しょうぶ園までやってきました。 駐車場はガラガラです。   5月26日、今日からしょうぶ園が開園ということをホームページで知り来てみました。 今年は例年になく暖かい日が早々に訪れて、桜や紫陽花が予想以上に早々に開花するという年。 しょうぶも同じく早々に開花し...
【徳島観光】大歩危遊覧船・祖谷のかずら橋・祖谷温泉を巡って来た。... 日本のチベットと呼ばれる場所。 それは徳島県三好市にある秘境、祖谷渓。 日本の三大秘境の一つといわれているらしい。     ん、日本の三大秘境って他は何処なの? 調べてみると ■岐阜県大野郡の白川郷 ■徳島県三好市の祖谷 ■宮崎県東臼杵郡の椎葉村 とのこと ...
樹氷を見に真冬の金剛山へ。軽アイゼンで気軽に雪山登山... 2018年1月7日。 この日の大阪の天気予報は最低気温3℃、最高気温9℃。 日中の天気は晴れ時々曇りとの事。 前々から計画をしていた雪山登山をするなら今日が頃合いかな。 今年こそは一人ぼっちでも絶対雪山に行くぞと決めて、年末に軽アイゼンを買っておいた。 モンベルの人曰く、金...
河内木綿はたおり工房(石切参道商店街)でまさかの偶然... でんぼの神様として参拝者の多い石切神社。 そんな参拝者で賑わう石切参道商店街にあるのが河内木綿はたおり工房。 石切参道商店街を歩いていて偶然見つけた場所。 これはこれは興味深い。 が、佇まいが普通の民家なので、少々入りづらい・・・ しばらく工房の前で入るかどうかためらう訳で...
石切劔箭神社(石切さん)を参拝。外国人観光客が未だ知らないクール・ジャパンがここに。... 2017年、大阪を訪れた外国人観光客は過去最高の1000万人に達する見込みだとのこと。 心斎橋、道頓堀は言うまでもなく、今や大阪のどの観光地でも外国人観光客がいて当たり前の日常を過ごしている今日この頃です。 大阪の昭和的な大衆文化がクール・ジャパンなのでしょうね。 観光スポットとし...

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2018年06月10日日曜日 | 22:24
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ