Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

【信貴山真言宗 総本山】朝護孫子寺へ、地元では毘沙門天さんと呼ばれ張り子の虎が有名

せっかくCANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USM(望遠レンズ)を購入したものの、カメラを持って出かける機会が全くなかったこの2ヶ月間。
今週末こそは気分転換に出かけようと嫁さんと話をしていた。

和歌山県の友ヶ島なんていいよな。なんて話てたのだが・・・
なんと嫁さんは夏風邪をひいてしまったよう。
昨日から寝込んでいる。

日曜日、朝5時。
起きて様態を確認するとやっぱりダメらしい。
残念だけど仕方がない。

ベランダに出ると真っ青な空。
天気予報では台風は今晩九州に近づくのだとか。

大阪の本日の気温は38度まで上がるとのこと。びっくり。
今日を逃せば明日から台風の影響で悪天候が続くだろう。

午前中に帰ってこれればちょっと出かけても良いかな。
って事で地元、信貴山にある毘沙門天さんへカメラを持って出かける事にした。

朝8時20分に出発。
普段は渋滞ばかりの国道25号線も、さすがに日曜日の朝8時は車が少ない。
この調子なら40分ほどで到着しそう。
 
 

国道25号線から大阪府道183号本堂高井田線へ
青谷から信貴山に向かう。

河内堅上の集落は非常に道幅が狭く、登りの急な坂道が続く。
 
 

河内堅上の集落を抜けると再び道幅が広くなり、山の峠道をしばしドライブ。
近場の森林浴スポット。
自転車乗りも多い。
トレイルランの人も多い。

 
 

という事で信貴山の駐車場へ到着。
ジャスト9時。
家を出て40分で到着。

駐車料金は1日500円。
あれっそんなに安かったかなぁ。

 
 

信貴山 朝護孫子寺を散策。

朝9時だと観光で訪れる人も少なく、地元の人が多い印象。
朝の時間はトレイルランのトレーニングをしている人もちらほら。
まずは大門池に架かる【開運橋】を渡ります。
 
 

この開運橋は国の登録有形文化財なんです。
昭和6年に完成し、「カンチレバー」と言われる構造の橋。
戦前の上路カンチレバーはもうほとんど残っておらず、この開運橋が最古の橋との事。

カンチレバーって何?

片方の梁だけ固定されていて、もう片方の梁は動く事が可能な構造なのだとか。
ちょっと良く分からないけど・・・
 
 

山の上とはいえこの陽射しはさすがに暑い。
 
 

関西で唯一バンジージャンプが楽しめるスポットとして2016年に誕生した開運バンジー。
縁起の良いバンジーとして人気らしい。

その高さ30mほど。
まだ朝早いので誰もいない・・・
 
 

開運橋から眺める緑一面の景色が美しい。
 
 

橋から左に見える建物、信貴山温泉。
泊まったことないけど・・・
 
 

こちらは反対側の景色。
朝なのでもろ逆光です。
橋の向こうが大門ダム。
 
 
信貴山 朝護孫子寺 燈籠

信貴山 朝護孫子寺 燈籠

信貴山 朝護孫子寺といえばこの燈籠です。
この後、至る所で燈籠の写真が登場します。
飽きないでね。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

小さな山にひらかれた朝護孫子寺。
狭いエリアに様々なお堂や院が密集していて、その景観がまた独特で魅力的な場所。

全てを参拝しながら巡るとなると2~3時間コースです。
茶屋も楽しみたい、景色も楽しみたいなら5時間コースかな。

凄くローカルな場所ですが、観光地として面白いですよ。
 
 

信貴山 朝護孫子寺

前置きが長くなりました。
いよいよ境内に入ります。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

鳥居越しに見える本堂。
ああ~これぞ望遠レンズの魅力だわ。
よし、もっと望遠レンズを活かした撮影をするぞ。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺の名物、張り子の虎です。
なぜ、張り子の虎なのか?
 
 
その昔、聖徳太子は物部守屋を討伐すべく、河内稲村城に向かいます。
その途中、この地に立ち寄り、戦勝祈願をしました。

すると天空遥かかなたに毘沙門天があらわれ、戦に勝つための必勝法を教えてもらいます。
で、その日が寅年、寅日、寅の刻であったことから毘沙門天王は寅にゆかりのある神として信仰されるようになったんです。
 
 

この張子の虎は電動で首が動くんです。
寅にゆかりがあるのはわかったけど、何故張り子なのかって。

そもそも張り子は江戸時代に作られた子ども向けの玩具です。

それが、「虎は千里行って千里帰る」と言われように、男の子の成長を祈願するものとして5月の節句で飾られる風習が出来た。
で、ここ信貴山 朝護孫子寺では魔除けやお土産物として売店で売られるように・・・
いわずもがな地元である私の実家でも年中飾ってましたよ。
 
 

こんな可愛らしいちび虎もいました。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

張り子の虎がある位置から眺める本殿。
 
 

門をくぐって中に。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

まずは護魔毘沙門さまのお参り。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

こちらが護魔毘沙門さま。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

つづいて三虎の福・胎内くぐり。
ん、胎内めぐりってなんだ。

 
 
信貴山 朝護孫子寺

虎の胎内を通ってご利益を頂くというもの。
こちらが虎の尾っぽの部分。

ここから虎の胎内へと入ります。
でもなぜ、これがご利益なの・・・
 
 
信貴山 朝護孫子寺

で、出口はこうです。
虎の口。
虎の口元に四国八十八箇所お砂踏みって書いてあります。

要するにこの虎の胎内には四国八十八箇所の砂を集めて敷き詰めてあるんです。

なのでこの虎の胎内めぐりをすれば、四国八十八箇所めぐりと同じ御利益があるという発想。
なんと横着な事。

 
 
信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

護魔毘沙門さまを後にして、目指すは成福院。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

この大仏様がいらっしゃる場所が成福院。
 
 

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

狭いエリアに山の高低差を利用して沢山のお堂が建てられているので、参拝道はまるで迷路のよう。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

ここを登れば・・・
 
 
信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

ドドーンっと。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

実は大仏様ではなく、日本一大地蔵尊という。

信貴山のお地蔵様は私達、子供をおまもり下さる仏様です。
私達のあらゆる災難をお救い下さる印を右手に結び、心の中のすべてのお願い事を成就させて下さる有り難い如意宝珠という宝のたまを左の手にお持ちになり、お願いをすればただちに救いに訪れるぞよと左足をおろしてすわっておられます。

「安産」「無事故成育」「知恵発達」等、心を込めて念ずればお子さんのみでなく家庭にも福分を授け給う貴い仏様で大地の如く財宝を蔵めてあられるのが、このお地蔵様であります。

と記されております。

で、この奥にさらに都合の良い神様がいらっしゃる。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

それは金集弁財天様。
お金を集めて融通も叶えてくれる神様です。

キャッシュフローにお悩みの方は一度、お参りするといいでしょう。

 
 
信貴山 朝護孫子寺

ここからの景色がまたいい感じ。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

この場所にこんな看板が、

浴油は毘沙門天修法の中でも最秘法といわれ、どのような願い事でもかなえられるといわれています。
毎朝三時より管長様御自らおがみ続けておられます。

との事。

最秘法とはすごい。

 
 
信貴山 朝護孫子寺

こちらが浴油堂。
どんな秘宝なのか見てみたいもんです。

 
 

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

さてさていよいよ本堂に向かいましょう。
 
 

信貴山 朝護孫子寺

振り返るとなんとも夏らしい光景。
 
 

信貴山 朝護孫子寺

これが本堂の入り口。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

ここが本堂です。
早朝は人が少ないですな。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

本堂からは信貴山が一望出来るんです。

信貴山 朝護孫子寺

こちらは奈良県側の眺め。
 
 

信貴山 朝護孫子寺

さぁ本堂を後にして、休憩所でしばし休憩。
この左側の建物が休憩所。
 
 
信貴山 朝護孫子寺

日陰に入るとかなり体感温度が違いますよね。
だいぶと汗がひきました。

この休憩所の天井がまた面白いのです。
 
 

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

どのような由来があるものか分かりませんが歴史を感じるものが・・・
 
 

望遠レンズでいろいろと撮ってみた。

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

信貴山 朝護孫子寺

いや~望遠レンズ面白いですね。

まとめ

さてと10時30分をまわりましたのでそろそろ帰ろうかと思います。
駐車場までの帰り、再び開運橋を渡ると。

 
 

開運バンジー

バンジージャンプをしていました。
この目でバンジージャンプを見るは初めてです。
次々とひっきりなしにバンジーをするチャンジャー達。

1回9000円ですが、かなり人気のようですね。
てことでお土産を買ってそろそろ帰ります。

で、家についたのが11時20分。
無事、午前中に家に戻ることが出来ました。
 
 

それでは今日も1日お疲れ様でした。
ではでは。

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2017年08月06日日曜日 | 22:03
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ