ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

カメラをNEX-6から5Dmark3に変えたら何もかもが違いすぎて楽しい

前まで使っていたNEX-6を最近あまり持ち歩いていなかったんです。
理由は
・スマホで普段使いならそれなりに良い写真が撮れる
・取材で持っていくにはちょっと心もとない

この2点。あとなんかちょっと調子悪い気がしてもう使ってなかった…。

前者に関してはボケ味を気にしないならスマホでよかったし、そもそもNEX-6がそこまでボケない。
後者は完全な気分の問題なのですが、やっぱりイベントや取材に使う時にミラーレス一眼では前列に入り込めない。
気後れってやつだと思いますが、どうしても一眼を持ってきている人が来るとミラーレス一眼の自分は譲らないといけない感じがしてたんですよね。

取材や撮影のできるライターとしてやっていくにはきちんと一眼を持っておくべきかな~と思っていたのと、仕事の募集要項にはだいたい「一眼必須」って書いてあったりもするのでそこにチャレンジできるようにもなりたかった。

そこで父親に実家にある一眼を借りようと考えたんです。
この時は借りるつもりでした。
で、実家に連絡したところ

父「貸してもいいけどいつ返してくれるの?」
と質問が。
自分「使う時言ってくれたら返しにいくよ」
父「すぐに持って帰って来れる距離ではない気がするけど?」

自宅から実家までは3時間くらいかかります。当然といえば当然。
父「とりあえず持っていってもいいよ」

ありがたや。でも父親はどうするんかな。

無事に持ち帰ってきました。
5Dmark3とレンズはSIGMA24-70mm
いわゆる標準で使う範囲用のセット。
望遠レンズを使う機会もなく、マクロ撮影はスマホで撮ればたぶん大丈夫。
重さが全く違うので、持って出るにはそれなりの覚悟がいりますが、仕事のときなら気合入ってるのでむしろ好都合。
これならイベントなどでもステージ際で気後れすることもなく、撮りたい角度から好きに撮影できます。

もちろんボケ味も完璧。
今までぼかすのに苦労していたのが嘘のように簡単にきれいにボケます。楽しい。さすがフルサイズ。

今までミラーレス一眼ではうまく撮影できてないことが度々あったのですが、やっぱりどこかで「ミラーレス一眼だからしょうがない」って気持ちがありました。
そうなると持っていっても「どうせうまく撮れない」と思ってしまうので、持ち歩く意欲が…ね。

5Dmark3ならうまく撮れて当たり前レベル。
ダメなら自分が下手くそなだけ。
となれば
「勉強しよう、もっと考えて撮るようにしよう」
って思えるんですよ。
いろんな趣味がありますが、カメラはとにかく形から入ったほうがいいと言われる理由がわかった気がします。

GPSレシーバーGP-E2も一緒に借りました。
どこで撮ったか位置情報を入れてくれるので、どこかで風景を撮影したりする時の記録に使えそうです。
一気に機材が変わって自分でもびっくりしていますが、いろいろ調整しながら撮るのが楽しくなりそう。

ちなみにカメラがない間、父はどうするのかと聴いたところ
「手元にないなら新しいのを買うしか無いなぁ」
と5Dmark4のサイトを眺めていました。

これはいわゆる借りパク案件ですね。
申し訳ない気もしますが、ここはありがたく頂いてガンガン使い倒すようにしましょう。
イベント撮影もちゃんとできるライターをめざそう!

この記事を共有する

投稿者:i.M.D. Staff
    2017年07月24日月曜日 | 11:22
    ホームページ制作・Web制作・WEBコンサルティングならお任せあれ

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ