ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

マンションを買っても買ってなくとも、結局はどちらも後悔をしてるのだろうな。

廣田 泰規
2017.07.17

今日夫婦でこんな話になった。

今のマンションを購入して10年。
マンションを買ったことを後悔しているかどうかと・・・
現時点では私も家内も後悔をしている。
 
 
理由は、気軽に引っ越しが出来ないという事。
 
 
後、数年で下の子が成人を迎え、5年以内に子どもたちが実家を離れる確率は高い。
子育てを終えようとする私たちはこの家で2人暮らしとなるわけだ。
子供が巣立つと、もっと自由な暮らしをしてみたいと思うもの。
 
 
賃貸ならば引っ越すという選択が気軽に出来たわけだ。
 
 
で、今度は質問を変えてみる。
 
 
では、10年前にマンションを購入せず、賃貸で暮らしていたならどうだろうか。
こちらの答えも両者同じ。
それはそれで後悔していただろうと。
結局どちらにしたって後悔をしているわけだ。
 
 

結局は青い鳥を探している訳で、この世にありもしない楽園を求めているという事。

もっと自分たちのライフスタイルにあった最適な暮らしがしたい。と思うことはある。
別に今の生活に不満があるって訳ではないし、それなりの生活に満足もしている。
とはいえ憧れる生活がないわけではない。

私と家内の両親はどちらも大阪生まれで、田舎がない。
幼少期から田舎暮らしに憧れがある。
それは例えば「となりのトトロ」のような世界観だったりするわけで。
何かと語られない本当の田舎暮らしの実態などは知らない。
故に憧れる田舎のイメージとはこんな感じなのである。

■とにかく人工的な騒音がない、幹線道路の車の行き交う音とかジェット機の音とか。
■けたたましい電車通勤からの開放。
■夜は満天の星空。
■あまり身なりを気にする必要がない。
■朝、家の周りを散歩すれば山菜などの山の幸が取れる。
■夏は気軽に虫捕りが出来る

まぁそんなイメージ。

田舎暮らしって近所付き合いとか大変って聞くけど。
まぁ都会の密集した環境での近所付き合いも大変な気もする。

近所付き合いで苦労する人は結局何処に行ったって同じ苦労をするのかも知れないし、
人間付き合いの楽園を求めて田舎暮らしを始める人はきっとこの世にありもしない楽園を求め過ぎなような気もする。
 
 

今の時代なら快適に暮らせるかもしれない田舎暮らし

昭和の頃なら田舎で暮らすということは相当大変だったはず。
でも今ならどうだろう。

■アマゾンで大体の物は手に入る。
■それなりの田舎でもネットスーパーが利用できるようになってきた。
■ネットにさえ繋がればいつでも世界の最新の情報が取得出来る。
■場所にとらわれることなくネットで会議が出来る。

このような環境なら特に不便なく暮らせそうな気もしますが・・・
インスタのフォロアー数を伸ばすには一苦労な環境なのかも。ってなんだそれ。

 
 

田舎暮らしを実現したと仮定して、今一度同じ質問をしてみる。

田舎に引っ越してきて後悔をしていないか?
多分、その答えはお互い後悔していると答えるだろう。
では、田舎に引っ越さなかった場合はどうだろうか?
それはそれで後悔しているだろうと答えるに違いない。

結局、どのような選択をするにせよ心残りはあるわけで。
田舎と都会それぞれの利点があるのだけれど。
ならば行動してみた結果、後悔するほうがまだスッキリとするのではないかと思うわけ。

どちらにしたって後悔するなんてなんだか腑に落ちない話だけど・・・
人間ってそんなようなものなんじゃないのかぁと思う今日このごろ。

ではでは・・・

投稿者:廣田 泰規
2017.07.17 | 20:43
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も