ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

オンラインで相談する
  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

WiFi無線LANルーターの「11ac」「11n」「11a」「11g」って何?2.4GHz帯と5GHz帯と周波数の違いとは?WiFiをもっと速くするための基礎知識。

我が家のWiFi無線LANルーター「バッファローのWZR-HP-G450H」
買ってもう5年近くなるのかな?

最近、少しずつネットへの接続不良が起きていて、その度に無線LANルーターの電源をリセットする事に。
まぁ繋がらなくもないし、速度的なストレスもそれほど感じてないけれども、多分そろそろ買い替えの時期なのだろう。

しかもWiFi規格が未だに「11n」の無線LANルーターですから。
そこで「WiFi規格って何の事?」って方にWiFi機器を見直すポイントをおさらいしたいと思います。
 
 

WiFi規格「11ac」「11n」「11a」「11g」って何なの?

「11ac」「11n」「11a」「11g」というのはいわゆる通信速度の規格ですね。
 

 
上記は各規格のおよその最大速度目安。
ここ2、3年内に購入した無線LANルーターなら「11ac」対応のルーターなのだと思いますが、4年以上前に購入した無線LANルーターだと「11n」までしか対応していない機器かもしれません。

「11n」対応機器から「11ac」対応機器に買い換えると体感的に2倍近いデータ転送速度になる可能性があります。
 
 

接続する端末が「11ac」に対応していないと無線LANルーターを変えても速度は変わらない

使用する端末が古い機種だと「11n」での通信しか対応していない可能性があります。
その場合、無線LANルーターが「11ac」対応だとしても、端末の「11n」の速度しか出ないという事に。
 

 
そんな時はUSBアダプター型の子機端末で「11ac」対応のアタッチメントを装着する必要があります。
 

 
 

2.4GHz帯と5GHz帯と周波数の違いとは?

 
 
Wifi通信の規格はこれまで2.4GHz帯での通信で発展し、「11n」規格で5GHz帯の通信が可能となりました。
調べてみると私が使っている「バッファローのWZR-HP-G450H」は2.4GHz帯の「11n」規格。

5GHz帯ではないのですね。

古い端末機器は2.4GHz帯での通信を行うので「11ac」対応のWiFi無線LANルーターは古い端末の接続が可能なよう2.4GHz帯と5GHz帯と接続先を選ぶことが出来ます。
ってことで我が家のWiFi無線LANルーターもそろそろ買え買え時期。
 
 
 
このあたりがコスパ的に良いのかなぁって思っていまが。
さぁどうしょうかなぁ。
 

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2017年06月17日土曜日 | 18:49
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ranking 人気記事ランキング

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ