ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

上映時間が決まっている映画館での映画鑑賞って現代社会のコンテンツ消費のライフスタイルに合っているのだろうか。

タイトルの通り、最近常々思っていることです。
新作映画を鑑賞するには大人1800円。
前売り券やサービスデー以外での一般価格です。
この値段が高いか安いかは当然、鑑賞した作品の個人的に価値で決まると思いますので、一般的に映画鑑賞価格が高い安いと論じるつもりはございません。

少々疑問に思うことが、最新作は映画館でしか上映しないので見たければどうしても映画館に行くしかないという1択しか選択肢がないという事。
(まぁ航空機内でも見れますけどもね。)

決められた上映時間に合わせて映画館に足を運ぶというコンテンツの提供方法を改めて考察すると、
普段、日常的に鑑賞している映像コンテンツの消費スタイルとかなりのギャップがあるもんだと思う。

最新作を見たいけれども上映時間のタイミングが合わない。
新幹線での移動や、夜中なら鑑賞する時間はある。
たとえ1,800円出してでもネット配信で時間を気にせず見れるならそれでも見るという需要はないだろうか。

例えば映画公開日と同時に同額での有料ネット配信もするとしょう。
映画館では大人1人に対して鑑賞料1,800円。
夫婦で鑑賞するなら大人2人の3,600円。
ポップコーンやジュースを買って、思い出にと映画のパンフレットやグッズなどを購入すると5,000円以上のお金を支払う事になる。
配信なら1,800円を支払ったとしても大人1人で鑑賞しているとは限らない、家族で鑑賞するというケースもある。
そうなれば鑑賞料を取りっぱぐれる事になる。

ではでは何人見ようが知りませんが、いつでも好きな時に見れる価値を考慮して割高でネット配信をしますとなった場合。
映画館で絶賛上映中の作品1作品に付き、一回再生7,000円でネット配信しますとなった場合。
それはそれで1人で鑑賞するにはかなりの割高感を感じるわけであり、近所の公民館で30人ほど集まってみんなで見ようよなんてことになるかも知れません。

この問題を解決する方法は一つ。
VRなのだと思う。
VRだと複数人で鑑賞することは出いない。
VR端末一つに対して料金を支払う形式であれば何人で見ているのかが分かる。

これなら最新映画を上映初日に自宅で鑑賞するというビジネスが成り立つ可能性がある。
映画館で鑑賞するよりもVRの方が気が散らなくて良いかも知れないし、より映像の世界に没頭出来るのかも知れない。
ましては好きな時間に手軽に最新映画を鑑賞する事が出来る。
ミュージシャンのライブなどにも応用が出来る。
ヨーロッパで行われるライブをリアルタイムでVR鑑賞をする。
VR端末一つに対して料金を支払う形式にすれば取りっぱぐれがない。

とは言えVRが個人個人に備わっているという生活スタイルになるには後5年はかかるだろう。

昨今、劇的にコンテンツ消費のスタイルが変わっているのに対し映画配信は昔ながらの映画館上映という事に違和感を感じる今日このごろ。
いろいろ考察してみて課題や解決策を徒然と書いてみました。

絶賛上映中の「サバイバルファミリー」が見たいんだけど・・・
近所の映画館では休日でも1日2回しか上映していない・・・
そりゃ時間が合わないよ。

最新の映画は映画館でしか見れないと言う不便を感じる今日この頃です。

ではでは

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2017年03月07日火曜日 | 20:34
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ