ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

幻の魚と呼ばれるゲンゲを調理して美味しくいただいたお話

近所のスーパーにたま~に珍しい魚が売っているんです。
あるときはサメだったり、金を出してまで欲しくない大阪湾のボラだったり…。
もう、どうやって食ったらええねん!?って言いたくなるような魚が。
でもなぜか200円とか300円でまるまる1匹だったりするので、美味しい魚とか見たこともないようなチャレンジしたい魚は買うことがあります。
そんなある日、「ゲンゲ」って魚が売ってたんです。
なんか聞いたことあるぞ?たしかマンガで見たような…と思って1匹まるまる購入しました。

face
家に帰って、おろしてみるとまずその粘液で覆われた鱗のないボディ!
酔っ払っているように赤みを帯びたグロテスクなお顔!
そして何とも言えないゼリーのようなぷるぷるの白身は火を通したら溶けてしまうんじゃないかってレベルでした。これはさぞかしコラーゲン豊富なんだろうなと思いました。

一番最初に買ったときはその半身を煮付けにしてみました。
が、いくら火を通しても身がぷるぷるのままで、身に味が染みたんだかなんだかわからずで嫌いじゃないけど食感を味わうって感じでした。

ですが、残りの半身は竜田揚げにしてみたら…!
なんと、絶品でした。

衣はサクッとしていて衣に味が効いているのですが、もちろん身はゼリー状のまま。
でも程よく水分が抜けて旨味が凝縮した感じになってます。
サクッとぷるぷるのギャップに完全にノックアウト。
全部竜田揚げにしたらよかったなーと言いながら食べました。

それから半年たった先週。
またしてもスーパーにゲンゲが売ってました。
すかさず購入しましたね。
今回は迷うことなく、すべてを竜田揚げにしていただきました。
骨も柔らかいので骨せんべいにすると良いです。
tatsuta

このゲンゲって魚、富山の名物として有名で水深200メートルよりも深い場所に生息し、漢字では「下魚」と書くらしいです。昔は水揚げされても水分が多く傷みが早いことやカニ漁に混じる程度の下の下の魚として捨てられていたそうです。だから「下の下(げのげ)」がなまって「ゲンゲ」になったらしいですが、最近では流通が早くなったことも幸いし、その美味しさが知れ渡ったため幻の魚「幻魚(ゲンゲ)」と書かれるようになったとか。えらく出世したもんですね。

そんな富山名物の魚が関西圏のスーパーでなぜ売られているのかは不明ですが、得体が知れないためか誰も買わないので私が買うというフローが出来上がってて嬉しい限りです。
これからも珍しい魚へのチャレンジは続くでしょう。

この記事を共有する

投稿者:inoino
    2016年11月16日水曜日 | 20:46
    そのマンガってのが美味しんぼで、ゲンゲの竜田揚げが紹介されていたと思う。

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ