ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

捨てるよりもリサイクルがベターな時代が来てます

2016-05-30

最近かなり暑い日も増えてきましたので、まだ保険として残していた薄手の秋冬ものの洋服も安心して衣替えができますね。
…と思って、収納しようと思いましたが、服が増えすぎて収納できない…これは処分しないとどうにもならない…!
最近はミニマリストや、断捨離、ものを減らした生活がはやりですが、真逆を行っているのが私です。

とくに、服。

「服を買うなら、捨てなさい」という書籍がありますが、着る人間は1人なのに、在庫ばかり増やしてどうするんだ!と我ながら思います。でもまだまだ着られる服(着るかどうかは別です)を捨てるのには勇気が要るものです。しかし処分をしなくては片付きませんので、仕方がない。

捨てられないなら譲ればいいじゃない~ということで、リサイクルに持ち込むことにしました。
販売側でリサイクル&リユースに取り組んでいる企業が結構あるんです。

季節の変わり目、皆さまもクローゼット見直しのタイミングで是非一度リサイクルに持ち込んでみてはいかがでしょう。

 

UNIQLO/GU 全商品リサイクル活動/1000万着のHELP

全商品リサイクル活動について

対象:ユニクロ&ジーユー販売商品であること
方法:店舗持ち込み(私が行った店舗では回収ボックスが設置されていました)
世界中の難民や避難民、災害被災者、妊産婦や母子への支援として寄贈されます。

ユニクロ商品、お手頃価格と品質のせいかどんどん増えるんですよね…そしてそんなに劣化しないので処分時がわからない。
ヒートテックやairリズム、毎年ついつい買い足してしまいませんか?(ヒートテック10枚くらいあります…)
気づいたら全身ユニクロだった!なんてことにもよくなりますが、買うなら捨てる!断捨離の基本ですよね。積極的に持ち込むようにしたいと思います!(そして買って返ってしまうんだろうな…)

 

H&M 衣類回収

衣類回収

対象:自社製品にこだわらず、不要になったどんな衣類でも持ち込むことができます。
方法:店舗持ち込み(会計カウンターに持っていくと良いそうです)
1回の持ち込みで3000円以上のお買い物に使えるクーポンがもらえる!(らしい)

自社製品でなくてもOK!というのがポイント高いですね。
しかもお買い物クーポンがもらえるなんてお得です。まだH&Mで買い物をしたことがないのですが、俄然足を運びたくなりました。
買ったもののイマイチ上手く着こなせない…まだ全然着てないからもったいなくて捨てるに捨てられない…なんて時にはぜひ、H&Mへ持ち込みしてみたいと思います。

 

FUKU-FUKUプロジェクト

FUKU-FUKUプロジェクト

2010年からスタートしたFUKU-FUKUプロジェクトは、服を回収し資源としてエネルギーにかえていく取組み。
繊維製品をバイオエタノールとして再生する新しい技術を中心に、衣料品の100%リサイクルをめざし発足した企業連携のプロジェクトです。

これは、企業単体の取り組みではなく他企業参加型のプロジェクト。
もともとは無印良品の良品週間(メンバー10%OFFのお得なアレです)の時期だけに回収受付をしていたリサイクル活動だったと思うのですが、現在は参加企業が増え、いつでも店頭回収してくれるようです。参加企業によって回収方法は様々ですので、一度チェックしてみてください。

企業ごとの回収方法はこちら

また、無印良品では100のいいことという取り組みの中で「ReMUJI」という取り組みもしているようです。
これは服を資源としてエネルギー化するのではなく、まだ十分に服として利用できるものを、染め直して新たな商品として販売するというもの。
藍で染め直された商品は、店舗限定で販売されています。
日本の伝統的な技術を私たちの日常生活の中にうまく取り入れるきっかけをくれるこの取り組み、いかにも無印良品らしいな!という印象です。

A.P.C.のバトラープログラム

リサイクルではなく「リユース」という観点で、ちょっと毛色が変わって面白いのがこちらA.P.C.の取り組み。

バトラープログラム

A.P.C.の定番商品のひとつにノンウォッッシュのローデニムがありますが、これを穿き古していい感じに色落ちしたところでお店にを持ち込めば、半額で新しいローデニムと交換してもらえるというもの。
持ち込まれたデニムは修理され、元所有者のイニシャルが記されて再び店舗で販売されます。

ただし、色落ちや状態によっては引き取ってもらえないこともあるのがこのサービス。

もしA.P.C.のデニムお持ちであれば回収してもらえるかチャンレンジしてみてください。

 

服だけじゃない、靴の下取りサービスもありますよ!

ここまでは洋服のリサイクル&リユースのご紹介でしたが、実は靴の下取りもあります。
いや、靴にかぎらずスーツや下着の…なんていうものもあるのですが、今回は個人的に利用しそうな靴の下取りをピックアップです。

Odette e Odile 下取りキャンペーン

Odette e Odile公式ページ

期間限定です。不要になったウィメンズシューズ・バッグを店舗へ持ち込めば「SPECIAL ¥1,000 TICKET」と引き換えしてもらえます。
持ち込む商品のブランド・メーカー・状態問わず、です!(状態も!)このキャンペーンは、ピンクリボン運動を支援する活動の一つとして役立てられます。レディースのメーカーらしい取り組みですね。
開催期間が不定期ですが、キャンペーンを見つけた時にはすかさず処分すべき靴やバッグがないか、クローゼットを見なおししたいところです。

 

ORiental TRaffic 下取りサービス

ORiental TRaffic公式ページ

今回紹介するにあたって、他にもないものか…と思って調べたら、ありました!
オリエンタルトラフィックでも下取り&クーポン券のサービスが実施されていました!こちらはいつでも持ち込みOKです!
靴ってかさばるせいなのか、捨てるのにすごく勇気が必要です…でもクーポン化すると思えばなんとなく気持ちがラク
 
 

この記事を共有する

投稿者:Nakamura
    2016年05月30日月曜日 | 13:31
    最近エコな話題多くない?

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ