ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

スター・ウォーズ「フォースの覚醒」を観ましたが、私がスター・ウォーズに求めていたモノが全ておざなりにされていてがっかり・・・

スター・ウォーズ

今回のスター・ウォーズ「フォースの覚醒」。
見なきゃとは思っておりましたが、どうにか都合を着けてまで見なきゃって感じではなかったんです。
スター・ウォーズ エピソード1「ファントム・メナス」の時は公開当日初上映の時に行ったのですが・・・

今日は私が休みでかみさんが仕事という事もあり、私は自分の用事を済ませるべく、近くの郵便局に年賀はがきを買いに行ったりしておりましたが、
お昼ご飯を何処で済ませようかとブラブラと散策しているうちに、なんだかんだで映画館のあるショッピングモールまで来てきてしまいましたのでこれはと思い、
上映時間を調べると吹き替え版なら観れそうな時間帯で上映してます。
とにかくスター・ウォーズ好きとしては気になるので観ることに。

で、観ました。

私の住む八尾の映画館です。っていうかアリオ八尾です。
吹き替え上映が不人気ないのか、それとも年末だからのか分かりませんが映画館はガラガラです。
お客さんの数がシアターの半分も埋まりません。
まぁ、お蔭さまでベストな席を取れました。

で、観ました。

前から4列目のセンターという私のベストポジション。
かみさんや家族がいれば絶対に反対される前列ポジションです。
家族からはいつも首が痛くなるから前列ポジションはいやだと反対されます。
ですが、私は映画を見るなら前から5列以内がベストポジションなのだと思っております。

で、そんなベストポジションでスター・ウォーズ「フォースの覚醒」を観ました。

そろそろ本題の感想をのべないと怒られますね!

題にある通り、やはり私がスター・ウォーズに求めていたモノがなくなっていたのです。
それはデザインの斬新さ。

見たことのない生物や、新たなロボットの可能性、未知の世界観みたいなものがことごとくおざなりになっていたような印象。

ガラクタ商人のあのデザインはなに?そもそもセブルバを超えようとしてないじゃない。
モンスターのデザインはなんで想像以下なの?あんなのスター・ウォーズじゃなくても出てくるじゃないか。
結局30年後もタイファイターとXウィングだし、暗黒面のボスなんてもう・・・見飽きた感じ。

スター・ウォーズに何を求めるかってそりゃ人それぞれですが、今作のスター・ウォーズは私が少年期に見た画期的なデザインの要素ってほとんど力を入れていないような気がするぞ。

今の少年がこのスター・ウォーズを観たときにあの時の私のような衝撃を受けるのであろうか・・・

私がスター・ウォーズに求めるもの。
それはこんなの見た事ないっていう世界観なんですよ。
だからもう旧作とかに拘らず、ライトセーバーやトルーパーにも拘らなくっていいと思う。

せっかくの30年後なので全く新しい世界を築いて欲しい。
トルーパーも一新しましょう。
今のトルーパーじゃ、旧作トルーパーの衝撃を超える事は出来ませんから。
また次作ではカイロ・レンのデザインも一新しましょうよ。
今のままではダースベーダーのデザインを超えようとする意気込みも感じられませんので・・・

そしてもうライトセーバーも別の物に進化させてもいいのではとも思う。
ミレニアムファルコンもどんどん斬新なデザインに進化させて私たちをデザインであっと驚かせてほしい。

そう今回デザイン面で驚くものがほとんどないんです。
そんなスター・ウォーズ「フォースの覚醒」ですが、

それでも、今作品を観て、次作も絶対映画館で見るぞって決めた部分もあります。

それはレイの存在。

彼女はいい。
ただその一点でもこの映画を観る価値があると思います。
本当の事をいうと昔のキャストが多いので誰に感情移入すべきか、映画を見ながら考える始末ですが、レイとフィンの今後が気になりますからね。

ではでは。

 

 

 

 

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2015年12月29日火曜日 | 20:45
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ