ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

オンラインで相談する
  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

旬のものを苦心の末、美味しく食すおはなし

秋深し…

カニ漁が解禁になりましたね。
子どもがまだ小さいのでなかなか機会がないけど、また城崎温泉にカニを食べに行きたいものです。
カニといえば、子供の頃は殻から身を出すのがめんどくさくてあまり好きではなかった記憶があります。
今思えばなんて贅沢なガキでしょうね。
さてさて、今ではめんどくさいことをやって食材を食べれる状態にするのは嫌いではありません。
ここ最近はこんなことやりました。

鱧編

先々週の週末、買い物に出かけた妻から電話がかかってきました。
鱧(はも)がまるまま安く売っているけど要るか、と。

鱧といえば夏と思われがちですが、晩秋は産卵後に荒食いをし、脂が乗って美味しい時期です。
つまり旬が2回あり、ちょうど今が旬です。
迷うこと無く返事をし、夕飯ははもすきかなーと、嬉々として妻の帰宅を待っておりました。

そこに登場したのは…

鱧

なんと、処理されていない鱧でした…ああ、まるままってそういうことね…。
鱧は小骨が多く、「骨切り」なる特別な処理が必要です。なのに、なんでこの状態?

そういえばいくらで買ったのかと聞くと200円とのこと。
捨て値同然…なんで?古いのか?いやしかし目は綺麗…。
聞くと、明石の昼網って書いてあったと。しかも売れ残りとかではなく何匹も並んでいたとのこと。
そして、捌けるかと聞かれました。
※私の趣味が釣りなので、その延長で魚をおろすのも結構好きです。

まぁ、やってみるしかないんですが。
こうして、鱧を捌くことになりました。

とりあえずYOUTUBEで捌き方を研究しました。

しかしプロの包丁さばきと同じようなことができるわけもなく、というか、そもそも包丁が切れなさすぎて包丁が入っていきません…
途中で包丁を研いだりしながらも、なんとか捌きましたが開いた状態で背鰭を削ぎ落とす(動画の3分20秒あたり)のは魚が滑りすぎて危ないので断念し、3枚おろし状態にして、背鰭を取り除きました。

骨切りは習得するのに何年も掛かる職人技らしいですが、見よう見まねでやるしかないのでとりあえずやりました。

最初は皮まで切ってしまったものの徐々にコツを掴みました。
慣れると骨の切れる音が心地よく、見た目は綺麗にできました。ええ、見た目は。

頭や骨などのアラも出汁取りに使い、無事にはもすきが完成しました。

hamosuki

いい出汁がでていて最高に美味しかったです。若干骨が残ってる物もありましたがほぼほぼ問題なかったかと。

なぜ安かったのかは不明です。
私の勝手な想像では鮮魚部門の鱧を捌ける人がぎっくり腰になってお休みになったけど、仕入れてしまったので仕方なく捨て値で放出したということになってます。
ありがとう、鮮魚部門の人。(ちがうか?)

・妻のひとこと
「こんなに美味しいならもう一匹買っておけばよかった。」
捌くのは私ね…

ぎんなん編

先週末、長男と公園に行きました。こんな公園です。

公園

最近、長男は動物に興味を持っているので、こうしたコンクリートの動物遊具がある公園に連れて行くと喜びます。
前にこの公園に来た時は10月初旬で、まだすこし暑かったので、紅葉も進んですっかり秋めいてきたなーなどと思って、子どもが遊んでるのを見守っておりました。
すると、なにやら異臭が漂ってまいりました。
ええ、ぎんなんの香りです。見れば足元にはいい感じで銀杏の落ち葉が積もっていましたね。

銀杏

そうか、ぎんなんのシーズンかと。
そして…拾いはじめましたね。
そんなにいっぱいあっても食べきれないし、妻が好きかどうかもわからないのでちょっと控えめに持って帰りました。

しかし、聞いてみると妻はその昔、焼き鳥屋でバイトしてたことがあり、よくぎんなんを串に刺していたらしく、けっこう好きみたいです。もっと拾えばよかったかな?臭いけど。

下処理方法はいろいろありますが、あまり時間をかけたくないのでビニール袋越しにつぶして、外側の皮を剥きました。(手がボロボロになるので素手でやってはいけません)
あとは殻を割って中身を出して、茹でて薄皮を剥がすという感じです。
これは茶碗蒸しにしてもらいました。美味しかったです。

茶碗蒸し
(写真撮り忘れのためイメージです)

あ、一気に食べない場合は下処理後、冷凍するといいみたいです。
ちなみに食べ過ぎると中毒症状など起こすようなので注意です。
お子様にはあまり食べさせないほうがいいですね。

・妻のひとこと
「ぎんなんがこういうものって知らなかった」
あの臭い外皮で覆われていることを知らなかったらしい。

てな具合で、旬の食材をあの手この手で美味しくいただくお話でした。
じつは春先にも海で海苔を摘んで佃煮や板海苔作ったり、けっこうめんどくさいことをチマチマやってます。
次は先日摘んだむかごを美味しくいただこうかと思います。

この記事を共有する

投稿者:inoino
    2015年11月27日金曜日 | 17:21
    むかごは下処理しなくていいので楽チン

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ