ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

オンラインで相談する
  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

カメラのピント合わせが早くなる!親指AF設定であなたの写真が見違える仕上がりになるかも?

親指AF

ファインダーを覗きながら、あれやこれやと構図を決めてシャッターボタンを半押し、ピント合わせをしますが、
そのたびにオートフォーカスの位置があちらこちらと変わってしまって「なんでやねん!」って事、何とかしたいです。
まさにそれを解決してくれるのが親指AF設定。

シャッターボタンとAFボタンを別々にする事でフォーカスをロックしたままシャッターが切れます。

ではCanon EOS 7Dでの親指AFの設定の仕方をご紹介します。

 

親指AF

MENUボタンで「C.FnⅣ:操作・その他」を選びます。

 

親指AF

初期設定であれば「シャッターボタン」はAF、「AF-ON」は*になっています。
この状態で「SET」ボタンを押します。

 

親指AF

「シャッターボタン」を選択し、「SET」ボタンを押します。

 

親指AF

「シャッターボタン半押し」を*に変更し、「SET」ボタンを押します。

 

親指AF

「AF-ON」を選択し、「SET」ボタンを押します。

 

親指AF

「AF-ONボタン」で「AF」を選択し、「SET」ボタンを押します。

 

親指AF

上記のような設定になれば親指AFの設定が完了です。

カメラのピント合わせでお悩みの方は一度試して見て下さいよ。

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2015年11月23日月曜日 | 10:32
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ