ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

オンラインで相談する
  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

3:5:6:9

3569

はい!どーも!

IMDのスタッフ紹介を見ていただければわかるのですが、ちょっとばかし社内に人が増えました!
ということで、個人のブログを書く間隔が長くなりました。

今回はブログは前回に引き続きPerfumeのライブのお話。

前回のブログで「Perfume Anniversary 10days 2015 PPPPPPPPPP」についてご紹介しましたが、
その10日間のDay5からDay10の6日間、武道館と広島グリーンアリーナで行われたPerfumeのワンマンライブ「LIVE 3:5:6:9」についてお話します!

私は10月6日(Day9)と10月7日(Day10)の広島グリーンアリーナ公演に行ってきました。
ライブタイトルにもなっている「3:5:6:9」ですが、なんだと思いますか?

 

 

そうです!「すごろく」です!

Perfumeの3人も無理矢理だと認識してるので、異論は認めます!

そもそもなぜ「すごろく」かと言いますと、
セットリストのうちの5曲をサイコロを振ってすごろく形式で決めるというものだからです!

これ、実は相当大変な企画なんです。
10曲の中からサイコロで5曲を決めるのですが、
今回はセンターステージだったのでパフォーマンスを行う方向も曲によって変わるのです。
更にPerfumeの曲はハンドマイク、ヘッドセット、スタンドマイクと三種類の声を通す方法があるため、
マイクやスタンドをどこで置いて、どこで受け取るか、曲が始まる時の立ち位置などをその場で決めていかないと行けないのです。

Perfume3人ならまだしも、当然ステージ裏ではスタッフがいますので、照明、PA、カメラ、大道具なども、サイコロで決めた曲に合わせた段取りをその場で決めていくのです。

つまりリハができないんです。

普通のライブだと何度もリハを重ねて、いかにスムーズにライブ進行ができるかというのに努めるのですが、
それができない、というよりもする必要がないということなんです。

必要がないというと大げさですが、Perfumeのライブスタッフというのは昔から舞台監督を含めたメインのスタッフはずっと変わらないというとてもめずらしい構成になっています。
他のアーティストだと、舞台監督が数年置きに変わったりするのが普通なのですが、Perfumeではそれがない。
ということは長年同じメンバーでライブを作り上げているので、各々が何を考えているのかがわかるしそれに瞬時に対応できるようになっているということなんです。

表向きだけをみると、サイコロを振って曲を決めるという簡単そうな企画でもあるのですが、
裏ではなみなみならぬ信頼関係によって築かれた関係性が垣間見える企画なんですね。

 

そして10月28日!
Perfumeの新曲「STAR TRAIN」が発売されました!!!
この曲、Perfumeの結成からの15年間がギュッと詰められた曲で、
私は初めてライブで聞いた時に涙してしまいました。
それだけ歌詞に秘められた思いというのが強い曲になっています。

公式でフルでは公開されていないのでここでのせることができないのが残念なのですが、
もし聴く機会があれば歌詞を見ながらぜひ聞いてみてください。

s22

s22t

この記事を共有する

kosei
投稿者:kosei
    2015年10月27日火曜日 | 23:59
    食べてるとき以外眠い by.吉本ユータヌキ

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ