ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

Gitを使って約半年・・・

git

どうも!!

 

Gitと言えばweb業界では必須項目となってきましたね!

 

という私も、まだ、使って半年が過ぎたばかりでまだまだ、基礎中の基礎しかできません。

addして、commitして、pullして、pushして、checkoutして、mergeして、resetして、

・・・と基礎の中の基礎のコマンドを駆使して闘っております!!

 

そんな中で、気を付けた方がいいなーって思ったことがいくつかあったので、

(当たり前のことですが、)紹介していきたいと思います。

まずは、Gitとはなんぞや?!という方もいると思うので、少し説明をすると・・・

・Gitとは、分散型バージョン管理システムのことです。個々で作業した内容を、共有リポジトリを使ってファイルを管理することができます。

 

では、さっくっと気を付けた方がいいと思う点を挙げていきます。

 

・管理を始める前にブランチ等のルールを決める

git管理を始めるとデフォルトでmasterブランチができます。このmasterからどのようにブランチを切るのか?

例えば、masterは本番公開用のブランチにして、masterから新たにブランチを作成してテスト用にtest、stagingを作るのか、

作業ブランチはこうする等初めに決めておくとスムーズにいくと思います。

以前、masterだけで済むと思っていた案件(←そもそもこの考え方がダメ)で、途中からブランチを作ってぐちゃぐちゃになったことがあるので

ある程度のルールを決めるのは必要だと思います。

 

・やたらとブランチを作るのはやめましょう!

案件のコンテンツごとに作るならいいと思います。ただし、整理も忘れずに行うのが大事です。例えば、以下のように

スクリーンショット (19)

ブランチが多いと久しぶりに作業する案件だと何が何かわからなくなります。また、上記の案件は本番とテストの内容が一部違っていたので、

余計にわからなくなり、脳が一時停止しました(笑)

使わなくなったブランチは、削除しましょう。

 

・コミットのコメントはわかりやすく丁寧に!

意外と大事かもしれません。というよりも、自分がかなりないがしろにしている部分でもあるので・・・

例えば、

 

second

のように、仮にしていたり、コンテンツの名前だけだったりと何の作業をしたのかわからないコメントが多々あります。

万が一、作業内容を戻したいときにどのコミットまで戻せばよいのかわからなくなるので、どのページの、どの部分をどう直したのか、細かく丁寧に書くのがいいです。

「contents名 – 直した箇所 – どう直したか」と書けばわかりやすいと思います。

 

Gitは慣れるまでは、辛い思いをしますが、基礎と仕組みがわかると便利なものでありがたみがわかります。

が、自分はまだまだ苦労して、まだちょっとしかありがたみを実感できてません。

 

早く、Gitを使いこなして素敵なGitライフを満喫したいです!!

この記事を共有する

投稿者:i.M.D. Staff
    2015年06月18日木曜日 | 18:53
    俺の屍をなんとやら・・・

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ