ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

MACでクリスマスを演出してみた

MACターミナルにて以下コマンド実施

npm xmas

node.jsがはいっていればイケルと思います。
スクリーンショット 2014-12-24 18.55.24

以下のコマンドをターミナルで実行します。


 ruby -e 'C=`stty size`.scan(/\d+/)[1].to_i;S=["2743".to_i(16)].pack("U*");a={};puts "\033[2J";loop{a[rand(C)]=0;a.each{|x,o|;a[x]+=1;print "\033[#{o};#{x}H \033[#{a[x]};#{x}H#{S} \033[0;0H"};$stdout.flush;sleep 0.1}'

MACだと原則ruby入ってると思うんでイケルと思います。

参考:http://osxdaily.com/2013/12/06/snow-terminal-mac-os-x-command/

雪がフリます。
いっときはやりました。BEERふったり、寿司がふったりもするみたいです。
雪を降り止ませるには ”^ +C”です

もう少し、ロマンチックに雪がふらないか考えてみました。
そういえばMACターミナルって、背景透過できます。
■ターミナル>環境設定>プロファイル>ウインドウ>カラーとエフェクト
ここの不透明度を、下げてやります。
スクリーンショット 2014-12-24 18.47.42
ブラウザでちょうどいいロケーションを探します。
今回は、クリスマスをキーワードに画像検索しました。
自分の好きなちょうどいいロケーションをさがしましょう。
その上に、コマンドで雪を降らせて透過しているターミナルを載せてやります。

example

この状態のMACを部屋の片隅においてやれば完璧なクリスマスの演出ができます。

この記事を共有する

投稿者:i.M.D. Staff
    2014年12月24日水曜日 | 20:02
    ホームページ制作・Web制作・WEBコンサルティングならお任せあれ

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ