ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

Googleはサイトマップの通知にXMLサイトマップとRSS/Atomフィードの併用を推奨

blog_image20141217

2014年10月16日にGoogleのウェブマスターセントラルブログで、最適なクロールのためにXMLサイトマップとRSS/Atomフィードの併用を推奨しています。サイトマップの送信は、Webサイトを最適化する重要な方法の一つです。サイトマップは検索エンジンがサイト上の全てのページを登録するのに有効で、サイトマップが変更されるとすぐに登録情報を更新します。

このブログの記事では、XMLサイトマップとRSS/Atomフィードの異なる使い方を説明しています。XMLサイトマップは、サイト内全体のURLを記述し、RSS/Atomフィードは、更新したURLのみを記述することが重要です。

Googleは XMLサイトマップを使用してあなたのサイトの全ての情報を読み込みます。Googleが新鮮なコンテンツを維持するために、RSS/Atomフィードを使用し、あなたのサイトの更新された情報を読み込みます。ただし、送信されたXMLサイトマップとRSS/AtomフィードのURLのインデックス作成を保証するものではないことに注意してください。


◆XMLサイトマップ例
<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<urlset xmlns=”http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9″>
<url>
<loc>http://example.com/mypage</loc>
<lastmod>2011-06-27T19:34:00+01:00</lastmod>
<!– optional additional tags –>
</url>
<url>

</url>
</urlset>

◆RSSフィード例
<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<rss>
<channel>
<!– other tags –>
<item>
<!– other tags –>
<link>http://example.com/mypage</link>
<pubDate>Mon, 27 Jun 2011 19:34:00 +0100</pubDate>
</item>
<item>

</item>
</channel>
</rss>

◆Atomフィード例
<?xml version=”1.0″ encoding=”utf-8″?>
<feed
xmlns=”http://www.w3.org/2005/Atom”>
<!– other tags –>
<entry>
<link href=”http://example.com/mypage” />
<updated>2011-06-27T19:34:00+01:00</updated>
<!– other tags –>
</entry>
<entry>

</entry>
</feed>


最も重要な情報はURLと最終更新時刻です。

XMLサイトマップとRSS/Atomフィード内に記述するURLは、Googleのガイドラインを遵守する必要があります。robot.txtでクロール拒否しているURLや404 Not Foundになる存在しないURLを含めてはならない。内容が重複したページが複数存在する場合は、「rel=canonical」を使用してURLを正規化し、正規化したURLのみ記述する。

XMLサイトマップとRSS/Atomフィード内にURLの最終更新時間を指定します。各ファイルの参照する個所は、次の通りです。XMLサイトマップは<lastmod>をRSSフィードは<pubDate>をAtomフィードは<updated>を参照します。有意義に変更されたときのみ、その変更時刻を最終更新時間として指定してください。あくまでもXMLサイトマップやRRS/Atomフィードを作成した時刻を最終更新時刻に設定しないよう注意してください。


通知には、タイミングが重要です。

XMLサイトマップは、Googleにクロール・インデックスさせたいURLを記述し次のガイドラインに従ってください。更新頻度高いサイトは、1日1回Googleに送信することを推奨しています。一つのサイトマップでURLは50,000以下で、ファイルサイズは10MB以下にすること。

RSS/Atomフィードは、最新のサイト更新情報を伝えるために必要です。ページ変更時に更新情報を送信することを推奨します。RSS/Atomフィードは、ページが追加されたり、既存のページが有意義に変更された場合、URLと変更時刻を追加します。Googleに更新を通知する最良の方法は、「※PubSubHubbub」を使用することです。最速かつ最も効率的に利害関係者へフィードコンテンツを伝播します。但し、プログラムを使って短時間に大量の更新フィードを送信した場合は、スパム扱いになるかもしれません。

※PubSubHubbubは高速にコンテンツの更新を通知する仕組みです。GoogleがRSS/Atomフィードによる通知を受ける「PubSubHubbub」のHubサーバーを導入したので、クロールすることなく、フィードの更新通知により更新情報を読み込むようになりました。「PubSubHubbub」を使って通知するにはフィードの通知プログラムが必要です。ブログサービスでは、「PubSubHubbub」を対応しているところも多く、MTやWordPressなどでは、プラグインで対応が可能になります。

Google Hubサーバの情報は次を参照してください。
https://pubsubhubbub.appspot.com/

引用元 Google Webmaster Central Blog
Best practices for XML sitemaps & RSS/Atom feeds
http://googlewebmastercentral.blogspot.ch/2014/10/best-practices-for-xml-sitemaps-rssatom.html

この記事を共有する

投稿者:i.M.D. Staff
    2014年12月17日水曜日 | 19:27
    ホームページ制作・Web制作・WEBコンサルティングならお任せあれ

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ