ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

映画「インターステラ―」を観てきました。

インターステラ―

GIGAZINでも取り上げられていますスゴイSFっぷりが話題の「インターステラ―」を公開初日に観てきました。

17時15分から上映の吹き替え版、200席ほどあろう映画館に観客は10名程度。

あれ、そんな人気がないのか。はたまた吹き替え版だから人気がないのか。

ん~これは想定外の観客数。

ちなみにこの日は12スクリーンもある映画館なのに映画館事態に観客が少なった感じです。

そして本編ですが、作品は2時間30分とちょっと長めではありますが、もっと観たいと思うほどの内容でした。

観終わった後はしばらくボー然とし、私の脳が映画の世界観から離れようとしない。

広大な宇宙の果てで、ただ待つだけの孤独。

地球の何百倍のスピードで消費されていく時間。

絶望的な距離感。

死の恐怖ではなく、長く孤独に生きる恐怖と言うのか、地球で待つ家族との時間の乖離に恐怖し、宇宙の広大すぎる静寂に恐怖する。

劇中に出てくるコンピューターロボットも容姿が石版のようで人の気配のない大型スマホのようなもの。

そんな世界観だからこそ対照的な家族愛が浮き彫りになり、そのコントラストが効いているんでしょうね。

そして映画館の5列目で鑑賞している私の前に1人とし人はおらず、広大な映画館の背後から感じる人の気配はたった数人という環境もこの映画に感情移入しやすかったのでしょう。

この映画は家族で見るのではなく、ひとりで見るとすごく効果的な映画でした。

 

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2014年11月22日土曜日 | 23:10
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ