ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

CoCo壱番屋、SKE48とのコラボ企画。「推しトッピングキャンペーン」で思う本当のブランド力とは。

廣田 泰規
2014.10.14

今話題になっているCoCo壱番屋でのSKE48ファンのお客を巡っての一連の騒動ですが、何だかこうなる事をわかった上でやってるのではなかろうかと穿って見てしまう。

ココイチ

CoCo壱番屋を知る機会を増やす事自体は宣伝としてインパクトのあるキャンペーンを行う事は当然です。しかし今回のキャンペーンはCoCo壱番屋のブランドとしての真意が分からなく私自身がモヤモヤしてる次第。今回のキャンペーンが本当に社会に役立つ事なのかどうか疑問に思えるのです。

単にマーケットターゲットが同じもの同士のコラボで、何処にシナジー効果があるのかよく分からないのは私だけなのでしょうか?

これってそのブランドにとって一過性のものじゃないのかと。

何かブランド育成のロードマップの中の一つとしてその一部始終を知らない私はその断片としてこのキャンペーンを見るだけなので、真意のほどがよく分からないだけにどの様な狙いがあるのかが気になって仕方がない。

話題になるキャンペーンって多分社会が容認するかしないか紙一重なんだろうけど、その時代の世間的な文脈をしっかりと理解しないと非難にも繋がり、ブランド離れを促す事にもなりかねない。

世間的に良い社会現象を起こすのは至難の技である事は重々承知している。

もしこのキャンペーンが成功し、CoCo壱番屋のブランド力に貢献するのであれば、私の社会に対するコミュニケーション手法のピントを調整せねばなるまい。

投稿者:廣田 泰規
2014.10.14 | 22:53
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も