ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

希望出生率1.8を目指す。少子化問題に向けて論評する前に私たちがまず出来る事。

廣田 泰規
2015.11.09

M

加藤勝信・1億総括用担当相が希望出生率1.8が実現できる社会を目指すとニュースで報道されていた。具体的な数字が出てきたので、今後様々な議論や論評がされるのだろうが、
ひとまずこのニュースに関して、評論家などは
●もっと若者にカネと時間が使えるよう、高齢者自己負担を増やすべき。だとか
●家族を養っていく自信がないから晩婚化するのでは。とか
早速いろいろとコメントをしている。
結婚なんてコスパが悪いなんていう人もいる。
いやいやいや。
そんな議論をする前にざぁ
もっと私たちでも出来ることがあるんじゃないの?
って思う事があったのでまとめてみました。

周りの既婚者が幸せそうに見えないからでは・・・

結局、若者の周りにいる既婚者そのものが幸せそうに見えないからじゃないのかなぁ。
ほら、みんな既婚者ってかみさんの愚痴とか、自由がないとか言っちゃうでしょ。
そんでもって結婚して後悔してるとか・・・結婚=地獄とかいっちゃっている。
そんな話を聴かされたら結婚に対するイメージってどんどん悪くなる一方ですよ。

悪いところばっかり見ないで、世の中には良い家族も沢山ある。

全ての結婚が幸せかというとそうでもない。不幸な家庭も当然ある。
そのような不幸な家庭の話の方が身の回りで話題になる事の方が多いように思う。
だからと言って社会の家庭がすべて不幸であるかというとそうではないのであって、幸せな家庭も当然ある。
結局の処、上手くいっている家庭の話しってあまり会話の話題になんないからなんじゃないのかなぁと。
ほら、北斗夫妻なんて家族愛で満ち溢れているし、いい家族は沢山あるんですよ。
結婚って本当のところ、実際に生活してみないと分からない部分が沢山あるけど、上手く言っている家庭はこの上なく幸せそうですよ。

恥ずかしがらずに結婚は良いもんだと大きな声で言おう。

「いや〜うちはもう喧嘩ばっかりで・・・」って社交辞令で言うのはやめましょうよ。
本当にそうならちょっとお茶を濁しましょうよ。
でもそんな事言っている人に限って、夫婦円満だったりするわけで・・・
ならもっと恥ずかしがらずに「うちは今でも夫婦でお風呂に入ってるよ」とか
「今でも夫婦で同じベッドで寝ているよ」とか言ってしまったらどうでしょうか?
「結婚とはいいもんだよな、子どもより大切なものってこの世にはないよな」とか
周りが言い出して、本当に幸せそうに見えるなら、結婚に前向きになるんじゃないと思う。

まとめ

少子化問題と結婚って直結する部分もあり、直結しない部分もある。
結婚したからって子どもを授かるかどうかは夫婦次第ですから。
まぁですが、まずは結婚しないことには少子化問題は解決できません。
社会構造の変革だけでなく、我々の意識も変えないとこの問題は前に向かないと思う。
少子化問題って実は我々、中年の愚痴や態度が大きく足を引っ張っているのかもしれないとちょっと思った。
投稿者:廣田 泰規
  • Twitter
  • Facebook
2015.11.09 | 19:23
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も