ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Column
コラム

チャレンジ

マッチに新たな価値を。神戸のマッチ専門店「マッチ棒」でイケてるデザインマッチを買ってきた

「火の用心、マッチ1本火事の元」ってよく言ったものですが、今はその役割が使い捨てライターにとって代わり、冬の風物詩であった夜回りの掛け声「「火の用心、マッチ1本火事の元」って時代にそぐわない言葉となりました。
そんな需要が減少していますマッチですが、その昔、日本はマッチ3大生産国としてアメリカ、スウェーデンと肩を並べ、生産量の80%が神戸港から海外に輸出されたといいます。
そして今でも地場産業として姫路市には15社ほどの製造会社があり、国内マッチの90%をこの姫路市で生産されています。
20世紀、手軽な広告、ノベルティとして大活躍だったマッチ。
21世紀にその価値をどのように転換していくのだろうか。
今回はそんな疑問から新たなマッチの価値を模索する企業を紹介。
マッチに機能性とデザイン性を融合した新ジャンル「デザインマッチ」の開拓に力を入れている企業「マッチデザインファクトリー」のマッチを扱う神戸の「マッチ棒」に行ってきました。
限定のマッチもいくつか購入もしてきましたよ!

SIGMA広角レンズ 南港
チャレンジ

仕事で気分が落ち込んだら、ちょっと視野を広げてみよう。

仕事でみんなに迷惑をかけた。落ち込んでいる。
気持ちが超メルトダウンしている。
こんな自分は会社から必要とされていないのではないかと・・・
仕事をしているとそんな気持ちになる時もありますよ。
そんな僕は気持ちを整理するため、外に出かけた。

Air Osaka hostel
チャレンジ

大阪市北加賀屋のレトロなホステル「AIR OSAKA HOSTEL」はアーティスティックな宿泊スポット

大阪の北加賀屋になにやらかわったホステルが存在しているとのことで、早速お邪魔してきました。
古い旅館を改装して営業されている「AIR OSAKA HOSTEL」はクリエイターやアーティストを中心に利用者の多いホステルで、繁忙期には長期の間満室になる人気の宿。
ホステルを実際に利用したことがないので、どんな場所なのかワクワクしますね!

LIVING & DESIGN
チャレンジ

ただ今、大阪南港ATCで開催中の「LIVING & DESIGN」に行って来ました!

「LIVING & DESIGN」というイベントが、当社の近くで開催されていたので行ってきました。
デザインに関しては詳しくありませんが、家具やインテリアを見るのが好きでワクワクするタイプなので楽しみ。

面白缶詰
チャレンジ

アザラシやトド、熊、エゾシカの肉を使ったカレー缶詰をそれぞれ食べてみた!

夏が終わったのに夏バテ気味のスタッフ。
じゃあこの前見つけた、元気の出そうな缶詰を用意しよう!

iMedio 3Dプリンター
チャレンジ

3Dプリンターでマスコットキャラクター作ってみた

弊社オフィスのある、南港ATC内に3Dプリンターでものづくりができる施設があることを発見!
ちょうどマスコットキャラクターのフィギュアを作ってみたいとの声があったので、CADオペレーターの経験を活かしてモデルを作って持ち込んでみることに。
果たしてどんなものができるのでしょうか。

エクストリーム昼休みBBQ
チャレンジ

新提案!エクストリーム昼休み決行!!お昼休み時間内でBBQをして戻って来れるのか!?

夏と言えばバーベキュー。しかし、今年はまだやってないことに気づく。
そもそも、一緒にバーベキューをやってくれる人が思いつかない。
しかも、夏が終わりそう。急がなきゃ!
というわけで、思い立ったが吉日。会社のお昼休みにバーベキューをすることに。
果たして時間内に戻って来られるのか。それだけが心配。

金運アップ
チャレンジ

大阪にある金運アップにおすすめ神社5選!

お金が欲しいって言っているのに。
誰もお金をくれないから、今回は金運を上げるために金運スポットめぐりをします。
ですが、あまり遠くに行くお金がない。
なので大阪市内の5km圏内でめぐる金運アップの神社を5つ紹介します。

大阪ゴミ処理場
チャレンジ

大阪にある宮殿のようなゴミ処理場でゴミの持ち込みにチャレンジ!

地元の人なら誰でも知っているあの建物。
きちんと利用すればゴミ出しの費用を抑えられるみたいなので、試しに行ってきました。

アンチョコ本
チャレンジ

読まなくなった古いアンチョコ本をBOOK-OFFではいくらで買い取ってもらえるか。

IT関連の技術本やデザイン関連のアンチョコ本って、古くなると使い物にならなくなりますよね。ソフトのバージョンが古くなったり、OSのバージョンが古くなったりと。
そして本棚の隅に何年も眠りっぱなし。
そんな悲しい運命の本たちを、必要な誰かにまた読まれてほしい。新たな本の糧とするため、立ち上がったのであった。

お問い合わせ