Column
コラム

ご当地お雑煮をお取り寄せ!各地の味を食べ比べしてみた

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly
ご当地お雑煮をお取り寄せ!各地の味を食べ比べしてみた

お正月はおせちもいいけどお雑煮もおいしいですよね。
ベースさえ作っておけばお餅を食べる直前に入れるだけの手軽さも魅力!
でも、地域によってその味は様々。
ちょっと気になったので、スタッフの食べ方を聞いたりご当地お雑煮の食べ比べをしてみることにしました。

お雑煮の味って味噌?おすまし?多すぎて複雑!

top

http://www.zouni.jp/category/topic2/

よくお雑煮の味が地域によって白味噌とか普通の味噌と別れていると聞きます。
それだけでなく、味噌以外にもおすましに入れたり、オリジナルのつゆを使うとか聞く人によってバラバラ。
というかお雑煮の話なんてわざわざしないので、「自分の家はこれだから普通」って思ってましたし、テレビを見て「うちはおかしいから味噌にして!」と言う人はいないでしょう。

こだわったことはなかったけど、一度味について考えてみたら面白そう。

スタッフ食べ方レシピ比較

とりあえずスタッフの食べ方を聞いてみると

・万太郎
「牛乳、コンソメ、シュレットチーズ、めんつゆで作る自家製洋風お雑煮でっす!」

・かんくろう
「朝はおすまし、夜は白味噌の味噌汁にお餅をいれて、2種類の味を楽しんでます。」

・シド
「白味噌で作った豚汁の具材を細かくしたようなものにお餅を入れるよ。」

・ヤブ
「白味噌ベースの味噌汁に里芋と大根の輪切りをゴロッと入れてからお餅を入れます。」

・あすらん
「永谷園のお吸い物にお餅をドボンです。ちなみに実家ではお雑煮もおせちも食べません。毎年カレーです。」


白味噌派が多いですが、具材はそれぞれ異なります。
(約一名文化も何も感じられない人もいますが。)
同じ関西でもこれだけアレンジが違うんですね。
これぞ家庭の味!

お取り寄せで各地方のお雑煮を試食

jg

http://shop.event-saiji.jp/1751/

お取り寄せでもお雑煮ってあるんですね。 お雑煮の食べ比べセットはこの時期になるとすでに売り切れ、もしくは年末にまとめて発送なのですぐに入手できません。
しかし「全国ご当地雑煮食べ比べセット」では通常販売していたのでこちらから購入。すぐに届きました。

img_8029

中身は「岩手、東京、京都、鳥取、博多」の5種類の味が入っており、お餅は焼くかレンジで調理し、ダシはレトルトを湯煎してできるインスタントお雑煮といったところ。

img_8053

箱の中身は基本的にレトルト+お餅。
東日本は角餅、西日本は丸餅とちゃんと別れています。
地域によってはトッピングが別で付いているので、結構凝っています。

実際に作ってみた。

img_8070

岩手:醤油ベースのお雑煮のお餅をくるみ砂糖という甘いタレに付けて食べるスタイル

img_8072

東京:みりんと醤油のオーソドックスなお雑煮

img_8067

京都:白味噌ベースに京野菜とお餅を入れたもの

img_8064

鳥取:あずき雑煮という名前ですがこれは…

img_8068

博多:あっさりなおすましにぶりが入ってる。ぶりだけ別のレトルト袋に入っていたというこだわり

こんな感じ。では実食!

img_8091


「東京は味が濃いな」
「やっぱ京都の白味噌はうまい」
「鳥取は完全にぜんざいですやん!」
「岩手は甘じょっぱいのが好きならいける」
「博多のぶりはちょっと生臭いかも」

とさまざまな意見が出ましたが、一番好評だったのは京都。
いや、まぁそうでしょう。地元ですもん。

img_8103

京都以外だと東京と岩手が人気。
塩気が強い感じもしましたが、お餅にはよく合う感じだったので「追い餅(追加でお餅を入れる)したい」という声が多かったです。


img_8104

博多は豪快に入ったぶりの切り身が仇となったようですが、本場でできたてを食べればもっとおいしいかも。



img_8099

鳥取はぜんざいです。別ジャンルなのでデザート感覚で食べちゃった。

狭い日本でもこんなに食文化が違うのか

img_8061

今回は5種類食べましたが、どれもまったく違う食べ物と言っても過言ではないでしょう。
一口にお雑煮といってもこんなに違うんですね。
例えるならラーメンやパスタと同じ。味噌ラーメンと豚骨ラーメンは全然違うし、ナポリタンとペペロンチーノも全く違う。 こうした日本独自の文化で、しかも地方によって違うとなれば外国の方にもウケそうです。 お雑煮のグローバル展開も考えさせられる試食会でした!

関連記事

ついに大阪でUber Eatsのサービスが開始されたので早速フードデリバリーしてみた。... まずはアカウントの新規登録 https://www.ubereats.com/stores/ Uber Eatsのサイトにアクセスをして、右上にあります「登録」ボタンをクリック。 今回はPCサイトで注文をしてみますが、もちろんiPhoneアプリ、Androidアプリもありますよ。 ...
ビデオカメラで撮影した動画をリアルタイムで複数のプロジェクターに映す方法... 最近のカメラはHDMI出力が可能 弊社にあるカメラはcanon EOS 7D Mark IIとM10。 最近の一眼レフカメラはHDMI出力端子が付いていますので、そのままプロジェクターにさせばリアルタイムで映すことが可能です。 高価なカメラだからという訳ではなく、5~6万円程度...
どこに行くにも今はインスタ映えが大事な時代!インスタ映えするスポットを調査してみた... Furuits in tea/Lipton Lipton 「Fruits in Tea」大阪店 期間限定OPEN!! 【住所】 大阪府大阪市北区梅田1丁目10 大阪駅前 ダイヤモンド地下街5号5110区画 多目的空間DiA ROOM (ディアモール大阪内) 【メニュー】 Mix B...
最近は古墳女子が人気なので実際に古墳カードを貰いに行ってきた... 仁徳天皇陵古墳(大仙(山)古墳) もより駅、JR阪和線「三国ヶ丘」駅から5分と聞いていたのだが・・・ どうやら正面まで隨分と距離があるみたい。 東まわり、西まわりどちらからまわっても古墳の正面まで1km以上歩くことになる。 しかも真夏の炎天下の中。 これは体力的にキツイコラ...
大阪新世界周辺をおおさか歩き案内人「たけちゃん」に案内してもらおう!旅のことならご当地ガイドに聞くの... 『おもろい大阪』の案内人のプロガイドたけちゃんとは https://www.osaka-sampo.com 今回お世話になるのはいかにもおもろいスポットを教えてもらえそうな肩書を持つ、「奥村武資(おくむらたけすけ)」さん。 奥村さんのガイドは堅苦しい歴史ばかりではなく、今おもろ...
緑と健康を意識したコワーキングスペース「ROUGH LABO」にお邪魔してきました!... ここで働く人が健康になれるような場所にしたい http://roughlabo.com/ ホームページを見るとコワーキングスペースとは思えないような綺麗な写真や料理が並んでいます。 実は「ROUGH LABO」では機能性だけでなく「訪れた人が健康になるような場所」を目指しているので...
ご当地ゆるキャラに年賀状を書いたらどんな返事がくるのか実際に送ってみよう... スタッフが地元のご当地ゆるキャラへ向けてメッセージを書いてみる ご当地ゆるキャラって都道府県のゆるキャラと市町村のゆるキャラなどいろいろいるので、自分の知っているキャラクターと違っていることもありますね。 今回年賀状を出すご当地キャラは ・京都:チャチャ王国のおうじちゃま(誰?)...
ジビエ肉をお取り寄せしてみませんか?お取り寄せサイト9つを紹介。... そもそもジビエって ジビエってフランス語だって知ってましたか。 そもそもはヨーロッパの貴族達が自分たちの領地内で狩りを楽しみ、得た獲物の肉を調理して味わうというとっても貴重な食材なのです。 野生動物が生息するほどの広大な敷地を保有する限られた上級貴族のみが口にすることが出来たわけです。 ...

この記事を共有する

この記事を読んだ方におすすめの記事

その他の最新コラム記事

人気記事ランキング

コラムカテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
お問い合わせ