Column
コラム

PCのウイルス対策はWindows Defenderで十分なのか

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly
PCのウイルス対策はWindows Defenderで十分なのか

アンチウィルスソフトのライセンス更新って、とりあえず更新ってなりがちですよね。
もう3年以上も使い続けて、特に困った事もないので使い続けがちなアンチウイルスソフトですが、3年もの年月の間に状況は変わっているかも知れません。
 
 
近年、評判の良いアンチウィルスソフトがあったり、再評価されているものも。
また、Windows Defenderではダメなのか。
そのあたり、気になったので検証してみました。

AV-Comparativesとは

世界の有名なアンチウィルスソフトウェア18製品の性能・品質をチェックしている第三者機関がある。

それがAV-Comparativesという組織。
https://www.av-comparatives.org/

インターネットセキュリティウェアが約束通りに機能をしているか、常に検証をしている完全なる独立機関です。
そのAV-Comparativesは自ら検証したアンチウィルスソフトウェア18製品のパフォーマンス結果をWEBで公開されていますので、そちらの情報を元にWindows Defenderの性能を見ていきたいと思います。

ちなみにAV-Comparativesが検証するアンチウィルスソフトウェアは以下です。
■avastフリーアンチウイルス
■AVGフリーアンチウイルス
■Avira Antivirus Pro
■Bitdefenderインターネットセキュリティ
■BullGuardインターネットセキュリティ
■Emsisoftアンチマルウェア
■ESET Internet Security
■F-Secure SAFE
■K7トータルセキュリティ
■カスペルスキーインターネットセキュリティ
■マカフィーインターネットセキュリティ
■マイクロソフト Windows Defender
■Pandaフリーアンチウイルス
■クイックヒールトータルセキュリティ
■シマンテック Norton Security
■テンセントPCマネージャ
■トレンドマイクロ インターネットセキュリティ
■VIPRE アドバンスドセキュリティ

Windows Defenderの場合

上記のグラフは2018年5月時点での各製品のパフォーマンス状況。
赤枠で囲っているのがマイクロソフト Windows Defender 4.14。

グレーの部分がマルウェアを検出したパーセント。
オレンジ色は損害を受けたパーセント。
緑色はユーザー設定に依存する損害のパーセント。
オレンジ色の折れ線グラフは偽陽性(誤った判定)を示しています。

Windows Defenderは100%ブロックしているという検証結果。
偽陽性の数値もそう悪くはありません。

このデータを見る限りでは非常に優秀な印象。
ですが検証している時期により、性能に揺らぎがあるようです。


こちらは2016年9月から2018年5月までのWindows Defenderの性能検証グラフ。
検証する時期によっては95%を下回る検出率の月もありますが、まぁそれでも95%以上の性能は常に保っているという感じです。

AV-Comparativesが判断したWindows Defenderの性能は概ね★1つ。
スタンダードな性能だという評価のようです。

トレンドマイクロの場合

トレンドマイクロの場合は時期を問わず、常に100%の検出率を保っている感じです。
さすが、アンチウィルス専門会社といったところでしょうか。

先ほどのWindows Defenderの性能の揺らぎと比較すると安定の性能品質。
やはり、有料のウィルス対策ソフトのほうが一枚上手なのか。

マカフィーの場合

マカフィーの場合はWindows Defenderと同じくその性能に揺らぎがありますね。
このグラフを見ると性能としてはWindows Defenderと同等な感じを受けますが。



AV-Comparativesのマカフィーの評価も揺らいでますね。
★3つの時もあれば★1つの時もある。

有料ソフトだから常に高性能だというわけでもなさそう。

シマンテックの場合

シマンテックの場合はどうでしょうか。
やはり性能の揺らぎが少なく、安定した品質のようです。

AV-Comparativesが判断したシマンテックの性能は概ね★3つか、★2つ。
高性能であるという評価のようです。

カスペルスキーの場合

カスペルスキーも性能の揺らぎが少なく、安定した品質。

ESETの場合

ESETも性能の揺らぎが大きいという結果。

まとめ

有料アンチウィルスソフトでも各社、性能の差があります。
100%の検出率を目指して各社残り2~3%の差でせめぎ合っている印象。

個人的な感想だとWindows Defenderの性能も2017年あたりでかなり性能が向上していると思われる。
このまま高性能な状態で品質が安定する日も近そう。

上記は2018年3月に実施されたマルウェア検出の検証結果に基づくAV-Comparativesに格付けです。
ESETやシマンテックと同じ評価上にWindows Defenderが格付けされています。

そろそろアンチウィルス対策はWindows Defenderだけでも十分ではないか。
そう思う今日この頃です。

関連記事

SDカードに表記されているマークや数字の意味を理解しよう... SDカードの容量による名称の違い。 SDカードの種類ってマイクロSDと普通のSDカードぐらいでしか認識しておりませんでしたが、実はその容量によって呼び方が変わるんです。 【SD】 2GBまで 【SDHC】 4GB~32GB SDHCのHCとはHigh Capacity(大容量)の...
Googleでドメインが買えるGoogle Domainsが日本語対応したようなので買ってみた。... Google Domainsとは https://domains.google/#/ 2015年に米国でサービスが開始されたGoogleのドメイン購入、更新管理サービス「Google Domains」。 どうやら2018年3月に日本語対応になったらしい。 Google公式のヘルプ...
スマホ写真の自動バックアップに無料で使えるクラウドフォトストレージのベストチョイスはどれだ!... 今使っている無料のクラウドフォトストレージサービスを見直してみよう。 スマホの写真やデジカメの写真のバックアップって面倒な作業ですよね。 なので無料のクラウドフォトストレージに自動保存している方も多い。 それでも1年ほど経つと容量制限まで達してしまって、結局ファイルを整理して手動でHDDに...
目的や価格帯別Webカメラ比較!コスパ重視で選ぶならどれがおすすめ?... 2000円以下でも個人用なら十分! とりあえず映ればいいとか、初めて使うだけなら2000円以下でも十分な画質やマイク内臓のものが買えます。 個人の顔がきちんと見れるレベルです。 最近のノートパソコンにはビデオカメラが内蔵されているものが多くありますが、この価格帯だとそれよりちょっと...
iPhone写真のフォーマットHEICをJPEGに変換する便利ソフト... HEICって? 拡張子のHEICって何? それはiPhoneで新しく採用された画像データ・フォーマットの拡張子です。 iPhoneのカメラの性能が上がれば当然JPEGの容量も上がります。 カメラの性能が上がる度にデータサイズはどんどん増えていきデータ転送スピードが重くなりがち。 そ...
Web会議サービスってどれがいいの?よくわからないから使ってみた... テレビ会議とWeb会議って何が違うの? よく混同しがちなので簡単に説明すると テレビ会議 一つの部屋に多人数で集まる テレビ会議専用機器を設ける 相手側も同じ専用機器が必要 Web会議 個別にPCからログインなどをして接続 自席から参加可能 PCやスマホから接続...
荷物の再配達を減らせるロッカーサービスが急増中!大阪市内だとどんな場所にあるか調べてみた... PUDOステーション http://www.packcity.co.jp/our_service PUDOステーションとは、Packcity Japanと契約している宅配会社が利用することが出来る宅配便ロッカーのこと。 このサービスを利用すると ●配送時間外でも受け取るこ...
災害時に役立つおすすめ防災アプリ。お天気アプリもね。防災の日に見直してみよう。... 大阪880万人訓練 http://www.pref.osaka.lg.jp/shobobosai/trainig_top/ 昭和57年から、9月1日を中心に1週間、防災週間として、各地域や機関などで防災に関するイベントが開催されています。 大阪での主要イベントは、大阪880万人訓練...

この記事を共有する

その他の最新コラム記事

人気記事ランキング

コラムカテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
お問い合わせ