ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Column
コラム

【速報】Chromeの最新バージョン68でSSL未対応のサイトの警告はどのように変わったのか

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly
【速報】Chromeの最新バージョン68でSSL未対応のサイトの警告はどのように変わったのか

さてさてChromeの最新版が7月24日に公開されるとの事。
SSL未対応への警告がさらに強調されるとの事で以前ら話題になっていた。
さて、いったいどんな警告が表示されるようになったのか早速確認をしてみたいと思います。

まずは早速Chromeのバージョンを68へと更新。


最新のChrmoneで各サイトにアクセスをしてみると・・・
SSL化対応サイトはこれまで通りの表示。


大阪市のWEBサイト。


大阪府のWEBサイト。


SSL未対応サイトだと、「保護されてません」と表示されるようになった。
事前の情報だともっと過激な警告が出るもんだと思いましたが・・・

っていうか行政系のサイトでもまだSSL未対応なんですね。

日経新聞のニュースなどではサイトにアクセスが出来なくなる恐れも・・・
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32494480S8A700C1000000/

なんて書いてあったので、まぁそりゃないだろうけど、それなりの警告が出るもんだと業界内では思っていたので・・・
ちょっと想像以下の警告表示だったかな。

今回のChrome68へのバージョンアップによるSSL対応、SSL未対応の表示をまとめるとこんな感じです。

まだSSL化への対応が出来ていないWEBサイトの管理者のみなさま、早めの対応をオススメしますよ。

この記事を共有する

その他の最新コラム記事

人気記事ランキング

コラムカテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
お問い合わせ