06-6809-5021

Column
コラム

今時のホームページの集客のコツとは。SEOの考え方とSNSの活用術を考えてみる。

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly
今時のホームページの集客のコツとは。SEOの考え方とSNSの活用術を考えてみる。

ホームページからのお問い合せを増やすにはどうするべきか。
広告費をかけずに見込み顧客を獲得するには。
などなど、ホームページでの集客や見込み顧客の獲得に成功している企業はいったいどんな事をしているのか。
 
大変興味がありますよね。
 
 
そこで少し考え方のコツをまとめてみました。

今時のSEOを攻略する

昨今のSEO対策は難しつつなりつつある。
とよく言われています。

難しくなると言うよりはこれまで以上に手間暇がかかるようになったと言うべきなのかも知れません。

Google検索のアルゴリズムは機械学習で自動化され、検索キーワードとコンテンツの関連性、適合性を常に最適なものにするよう日々進歩しています。

たかだか数ページのホームページでSEOで上位表示されることは難しい時代なのです。

そういえば最近では検索結果の上位にメディア記事やブログ記事やコラム記事ばかりが目につくなぁと思った方。

その通り!

コンテンツSEOやコンテンツマーケティングと呼ばれる手法です。

SXO

Googleは今、SEOではなくSXO(Search Experience Optimization)検索体験の最適化へ向かおうとしています

なんだそのSXOとはって。

ようするに検索キーワードの需要に対して明確に応えることが出来るコンテンツを重要視しますよって事です。

なのでコンテンツの質が重要ですよ。って言われるわけです。

ではどうすれば良いのか。

それはワードプレス等のCMSを活用して、事業に関連する記事を定期的に公開することが重要になってきます。

コンテンツSEOで良くある失敗事例

コンテンツSEOで良くある失敗事例が以下です。

■たかだか3行~5行程度の文章量で記事を更新する
■更新頻度を上げれば良いという間違えた解釈
■ページ数が多ければよいという間違えた解釈
■記事の更新はしているが記事の中身が事業と関連性が薄い
■記事のタイトルが検索ニーズを満たしていない
■読みやすさなどの配慮が欠けている


コンテンツSEOで成果を上げるには

コンテンツSEOで成功するには

■検索ニーズを満たす記事タイトルにする事
■最低でも700文字以上の文章量にする事
■営業トークではなくユーザーのためになることを書く事


まずは上記の項目をクリアしてGoogleから質の高いコンテンツだということを認識してもらわないとダメって事です。

大切なのはユーザーの信頼を得るコンテンツづくり。

ユーザーの信頼を得ればGoogleも貴方のサイトを信頼し、検索結果の上位に表示してくれますよ。

今時のSNSを攻略する

SNSの集客で成功するキーワードが「UGC」。

なんだその「UGC」ってのは。

UGCとはUser Generated Contentsの略でユーザーの手によって作成されたコンテンツの事です。

ユーザーの投稿が主流のSNSにおいて、広告クリエイティブは嫌われやすい傾向にあります。

そこでSNSのタイムラインに馴染むよう、広告のクリエイティブをユーザーが作ったようなクリエイティブにわざとしたり、もしくは実際にユーザーが投稿した写真を広告として使用することでクリック率を高めるんですね。

で、近年よくやるキャンペーンがインスタグラムの投稿キャンペーンです。

ユーザーが撮影した写真を専用のキャンペーンハッシュタグを付けて投稿するフォトコンテストで入賞すればプレゼントがもらえるというもの。

このようなキャンペーンを通じてユーザー視点の写真を集める事が出来る訳です。

そこで投稿者が注意したいのがも応募時の注意事項。

■キャンペーン専用ハッシュタグを使って投稿された写真は投稿者の許諾なく、企業のホームページやネット上での使用権が企業側に発生すること(著作権は投稿ユーザー側に属する)

と、インスタグラムキャンペーンではこのような注意事項が記載されています。

企業側はユーザーの投稿写真をある程度自由に使えるというメリットがあり、ユーザー側も気軽にキャンペーンに参加出来るというので双方にメリットがあるわけです。

まとめ

ホームページで集客を行うコツは上記だけではございません。

■ホームページの構造を最適化する
■表示速度を可能な限り早くする
■ホームページ全体のSSL化を行う

などなどするべき施策は沢山あります。

ですが、ホームページ集客の根本的な考え方としてユーザーファーストという考え方は避けては通れません。
ホームページ集客で失敗をしないためにもまずはこの考え方を押さえていただければと思います。

関連記事

2017年はブロガーにとってボーナスステージとなるのか。... 今年はブロガーにとってとても有利なボーナスステージになるはず。 2016年9月に実施されたペンギンアップデート4.0。 2016年9月にGoogle検索のアルゴリズムが大きく変動し、リアルタイムでアップデートされるようになりました。 この影響でSEOの戦い方が大きく変わった。 ページ単位...
検索のススメ 詐欺サイトに気をつけて!... 週末、噂のiPhone7テストユーザーに選ばれました。 これです! iPhoneを触っていたら突然出てきたアラート。   おめでとうございます 最新版iPhone 7でさらに多くのテストユーザーが必要なため、あなたのiPhoneが選出されました 参加するにはOKを...
YAPC::Asia Tokyo 2015 行ってない 写真はイメージです。 2015 8/20(木)、8/21(金)、8/22(土)の三日間東京Bigサイトにてエンジニア界の祭典ことYAPC::Asia Tokyo 2015が開催されていました YAPCとはYet Another Perl Confrence 引用:YAPCとは? ...
動物が持つ身体能力ってすげ~ 皆さんこんにちは! ジョン万次郎です!! 突然ですが、皆さんは動物って好きですか? 実は僕、最近一人で動物園巡りをすることにはまっているんですよ!(ウソです)   天王寺動物園とか吹田のNIFREL(ニフレル)、京都市動物園、嵐山モンキーパーク、 神戸どうぶつ王国、等に行って...
大阪市営地下鉄 中央線にカラフルな電車発見!その正体は?... ある日の会社帰りのこと。 弊社の所在地が大阪南港のATCということもあって、ニュートラムのコスモスクエア駅から乗り換えで中央線に乗るわけですが、乗った瞬間に違和感が… 床が緑で何やらカラフルな扉、そして魚のイラストが描いてありました。 よくよく見るとこの魚、大阪市営地下鉄の路線図になっ...
実はモバイルeコマース利用者数が世界一の日本(各国のモバイルeコマースを比べる)... eコマースによる取引は年々増加傾向にあるが、実は日本と韓国がモバイルeコマースのトップランナーとして、2015年の第一四半期に50%以上の利用率に達したとフランスのインターネットアドテクノロジー会社クリテオがレポートで報告しています。 上記のグラフはモバイル端末からのeコマース...
パワーポイントで企画書や提案書を作成する方にプレゼン用のデザインレイアウトを学べるWEBサイトを紹介... みなさん、こんばんは廣田です。 セミナーや講演会など、多くの人に対してプレゼンを行う方。 みなさんプレゼン資料の作成に悩まれると思います。 私自身、セミナーなどで教壇に立つ事もあり、見やすいプレゼン資料とはと考えながら制作しますが、悩みだすとキリがないほどあれやこれやと考え込んでしまい...
耐え難い蚊の痒み、蚊にさされやすい人とは。蚊は何に反応して人に集まるのか。...     蚊はどうやって標的である人間を感知するのか。   【長距離エリアは二酸化酸素濃度で感知】 蚊には髭が2本ありますが、この髭の部分に二酸化酸素を検知する感覚機能が沢山あるようです。 獲物が近くにいることをまず察知するのがこの二酸化酸素濃度。...

この記事を共有する

その他の最新コラム記事

人気記事ランキング

コラムカテゴリ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
お問い合わせ