ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

自転車の交通ルールが複雑すぎるのと、交差点での渡り方の正解が分からない。

廣田 泰規
2015.05.07

自転車

自転車の交通ルールが年々厳しくなってきておりますが、曖昧過ぎる部分もあり、何が正解なのかよくわからない今日この頃です。
下記はしっかりと違反行為となりますのでご注意を
 
■自転車は車道の右側を通行してはならない
■傘をさしての自転車の運転は違反です。
■夜の無灯火運転も違反です。
■自転車は並走してはいけません。
■もちろん自転車も一時停止で停止しないといけません。

 
上記のような行為は厳密には違反となるのですが、自転車交通の習慣として街中で良く見かけますし、違反行為として認識している方も少ないのだと思います。
自転車事故の件数は年々減少傾向にあるようですが、自転車対歩行者の事故は1.5倍も増加しているようですし、自転車対自動車でも、自転車による過失事故として自転車側に厳しい過失を掛ける判例も最近よく聞きます。
社会的には自転車は軽車両として厳しく扱う傾向にあるように思いますが
その一方で自転車の交通ルールって、学ぶ機会があまりないよなぁ~と感じます。
私の住んでいる自治会では小学校で子ども向けの自転車交通ルールを指導する催しをしたりしていますが、基本的には初歩的な交通ルールのようですし。
 
最近はロードバイクに乗る方も増えており、複雑な交差点など、どのように渡るべきか、悩ましいところです。
 
例えば下記のような大きな交差点を直進したい場合、いったい自転車はどのレーンで信号を横断するのが正解なのでしょうか?

自転車の交通ルール

 

また、下記のように海岸線の道路は海側に歩道がない道も多く、軽車両の自転車としてはどのような侵入が正しいのでしょうか。

自転車の交通ルール

 

みなさん、正解はどれだか分かりますか?

私自身、ロードバイクに乗るようになって、複雑な交差点に出くわしたとき、ちょっと戸惑うことがありましたので書きました。

投稿者:廣田 泰規
  • Twitter
  • Facebook
2015.05.07 | 21:38
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も