ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blogスタッフブログ

日本の夏の納涼といえば怪談ですが、海外では夏に怪談話はしないらしい。そもそも納涼って英語があるの?

廣田 泰規
2016.07.26

納涼

日本では夏の風物詩といえば怪談。
全国各地ではホラーイベントが夏限定で開催されたり、TVでは心霊特番が組まれたりします。
 
 
で、ちょっと疑問に思ったんです。
海外でも夏に怪談話をする習慣や文化があるのかって事。
 
 
調べると、どうやら日本特有の事みたいです。
湿気が多いからでしょうか、怪談話をして恐怖で毛穴が収縮します。
これが「ぞ~っとした寒気」と感じるのは日本特有の感覚らしいのです。
恐怖で鳥肌が立つことがありますが、関西では鳥肌の事を「さぶいぼ」と言います。
寒いことをさぶいと言いますので。
どうやら鳥肌が立つと寒いとも解釈するんですね。
 
 
海外では毛穴が収縮すると恐怖と捉えるようです。
また、海外では日中こそ暑いですが、日が落ちればそれほど暑くない。
なので真夏の夜の納涼ってのがそもそもない。

湿気の多い日本は日が落ちてもじめじめっと暑いですですから、これが日本の夏の夜の納涼に怪談話って事になるんでしょうね。
 
 
ちなみにGoogle翻訳で「納涼」を翻訳しますと。
 
 
納涼

なんだこれは・・・
納涼を英語翻訳すると「Summer Night」

 
 
なるほどね。まぁそうなんだけど。
これじゃ通じないです。
「夏の夜」。
納涼ではなく、これでは男女の夏の恋愛ってイメージしてしまいますよね。
 
 
四谷怪談などの芝居でお岩さんが現れる時「ひゅーどろどろ」なんて言いますが、この「ひゅー」って風が吹いて納涼感を演出しているんだと思うのです。
こんな感覚は日本独特のものかも知れませんよね。
 
 

日本では夏にお盆があり、仏様が帰ってくるというのもあるのかもしれない。
夏の納涼の怪談話。
民俗学としてまたは日本の文化として
どのような解釈をするのかとても面白い研究だと思うんですよね。

 
 

投稿者:廣田 泰規
  • Twitter
  • Facebook
2016.07.26 | 21:03
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も