ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

女人高野 室生寺を観光。

室生寺

さてさてやってきました室生寺。
自然と調和する佇まいのお寺として四季折々の景観が魅力的なお寺。
関西有数の撮影スポットでもあります。
観光地としてはちょっとさびれた感もありますが、まだまだその観光地としての風情は残っていますよ。

室生寺

室生寺

室生寺

室生寺

観光地として、観光客が利用する食事処などもまだまだ残っています。

室生寺

太鼓橋を渡ると。

室生寺

女人高野 室生寺です。

室生寺

太鼓橋からの景観。
雄大な自然に囲まれた場所。

室生寺

拝観料は大人600円。
仁王門をくぐると。

室生寺

この頃ではあまり見かなくなった尺八を吹く虚無僧がいました。
これは今時珍しい。
ちなみに虚無僧がかぶっている籠は天蓋と言われるものです。

室生寺

室生寺

鎧坂と呼ばれる石段。
この上にあるのが金堂。
平安時代初期に建てられたお堂で国宝となっています。

室生寺

こちらが金堂。
内陣には釈迦如来立像や十二神将像などの国宝・重要文化財の仏像が並べれています。

室生寺

室生寺

金堂の次にあるのが本堂。
この本堂の上に室生寺の有名な五重塔があります。

室生寺

室生寺

室生寺

室生寺

室生寺

室生寺

今回2度目の室生寺訪問。
前回撮影した写真などの反省点も踏まえて見えてきた室生寺らしく撮影するコツが見えてきた。
それはなるべく空が筒抜けないよう周りの樹木の葉で覆い隠すような撮影ポイントを見つけること。

そうすればしっとりとした静寂感のある室生寺の写真が撮影出来るのでは。

室生寺

ちなみに空が空抜けるとこんな感じになる。
何だか雰囲気に面白みがない。

個人の好みもあるけれども、私は空が空抜けないほうが室生寺っぽさを感じる。

室生寺

室生寺

五重塔のその奥にあるのが奥の院。
ここは長い石段が有名です。
どんな石段かと言うと・・・

室生寺

室生寺

まぁこんな感じの石段です。
マンションの10階程度の高さでしょうかね。

室生寺

上から見下ろすとこんな感じ。
かなり急な石段です。

室生寺

室生寺

室生寺

室生寺

こちらが奥の院。
急こう配の山肌に建立された建物。
ここまで来るのに汗だくだくだ。

今回2度目の室生寺。
前回も記事にしたけど、2度目に記事にするとなると、何を書いていいのやら。
文章はともかく、前回よりも写真のクオリティは格段にアップしているはず。

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2018年05月29日火曜日 | 22:23
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ranking 人気記事ランキング

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ