Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

彦根城を観光、ひこにゃんの撮影やら夢京橋キャッスルロードでの食事やら

今、彦根城が熱い。
NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が放送され注目される井伊家の城、彦根城。
 
 
また、国宝天守は全国で5つしかなく、彦根城はそのひとつ。
国宝なんですよね。
そして今年は築城410年祭との事らしい。
 
 
まぁそんな前置きは彦根城に行ってから知ったのですけどね。
NHK大河ドラマも見てませんでしたし、彦根城の詳しい情報も知りませんでしたよ。
 
 
ただ、日帰りで観光するならどこがいいって事で、今は紅葉で京都も人が多そうだし、彦根城あたりは案外穴場かな。
なんて気持ちで彦根城を訪れてみていろいろとテンションマックスになったので紹介したいと思います。
 
 

彦根城のお土産、お食事通り夢京橋キャッスルロードの街並みが凄い。

夢京橋キャッスルロード

内堀にある駐車場に車を停めてまずは昼食って事で。
彦根城の外堀を出るとすぐにある夢京橋キャッスルロードにやって来ました。
 
 
夢京橋キャッスルロード

時間は午後2時前ですが、凄い逆光。
冬は日が傾くのが早すぎる。
 
 
夢京橋キャッスルロード

この通りは都市計画として、古き良き城下町の風情を再現しようということで1999年に整備完了された通り。
近江牛が食べれるお店やお土産屋さんが並んでいます。
まぁちょっとテーマパーク感が漂う感じ。
 
 
夢京橋キャッスルロード

夢京橋キャッスルロード

関西アーバン銀行もごらんの通り、レトロ感のある風情な佇まいに。
「両替商」って看板まで設置されています。
アーバン(都会的)って名前なのにね。
 
 

夢京橋キャッスルロード

ちなにみこの建物は美容院ですね。
 
 

夢京橋キャッスルロード

で、こちらはペットショップ。
うーん入りづらい。
 
 
夢京橋キャッスルロード

まぁそんなことよりもとりあえず腹が減ったわー。
さぁさぁ昼食は何を食べようかと散策していると近江牛の肉うどんが目に飛び込んできた。
「おぅ美味そう!」
 
 
夢京橋キャッスルロード

で、結局入ったのがこちらのお店。
「ほっこりや」。
日本一親子丼と「ちょうちん」に書いてある。
「日本一の親子丼を食べてみたい」
 
 
このちょうちんを見た途端、口はすでに親子丼の口になっちゃうんだな。
 
 
夢京橋キャッスルロード

お店の雰囲気はこんな感じ。
お座敷にテーブル的というなんとも観光気分が味わえるお店です。
 
 
日本一の親子丼が来るまで、ちょっとネットで調べてみるとGooleのクチコミ件数116件で4.2って。
これは期待値があがるわ。
 
 
日本一親子丼ほっこりや

このふわっふわっとろっとろっのたまご感。
たまりません。
 
 
日本一親子丼ほっこりや

比内地鶏を炙ってあるので香ばしい香りが鼻を抜けて鶏肉の旨味が口の中に広がります。
それでいて油っこくなくあっさりとしている。
これは美味いわ。
もし次、彦根城に来たときもここの親子丼が食べたい。
そう思う親子丼でした。
 
 

ひこにゃん発見!

彦根城

さぁお腹も満たされたし、いよいよ彦根城観光でも。
 
 
彦根城

お城を目指して内堀を歩いていると・・・
 
 
ひこにゃん

橋の向こうで見え隠れしているこの頭は・・・!!!
まさかひこにゃん出現かぁ・・・。
急げー!
 
 
ひこにゃん

時刻は15時20分。
後10分しかない。
急げー。
 
 
って事で入城料を払って早速ひこにゃんの元へ。
 
 
ひこにゃん

ひこにゃんいたー!
 
 
ひこにゃん

やっぱりひこにゃんがいるとなると人だかりが出来る。
ひこにゃん人気は今でも健在ですね。
それにしてもなんなのだろうか。
ひこにゃんでテンションが上がるのは。
 
 
ひこにゃん

実物をみるとたしかに可愛らしい。
 
 
ひこにゃん

そして目が合うとなおさら可愛らしい。
 
 
ひこにゃん

ひこにゃん

スタッフに持ち物を剣からマラカスに変えてもらうひこにゃん。
 
 
ひこにゃん

そして丁寧にお礼をするひこにゃん。
 
 
ひこにゃん

マラカスを持ってポーズを取るひこにゃん。
このサービス精神に感服。
これからひこにゃんびいきになりそう。
 
 

いよいよ彦根城観光

彦根城

彦根城の天守閣まではちょっと急な階段を登ります。
 
 
彦根城

やぐらが見えてきました。
ほうー彦根城ってこんな感じなんですね。
 
 
彦根城

立体的で面白い城ですね。
 
 
彦根城

さてさてやぐらまで来ました。
 
 

彦根城

どうやらやぐらの中に入れいるみたいです。
 
 

彦根城

やぐらの中はこんな感じ。
 
 
彦根城

映像を使った近代的なアート作品が展示されていました。
 
 
彦根城

さてさてやぐらを後に天守閣へ進みます。
 
 
彦根城

彦根城

彦根城

天守閣に到着。
冬なので16時なのにかなり日が傾いて、西日に照らされる天守閣。
観光客層は結構年配の人が多いイメージですね。
 
 
彦根城

彦根城

天守閣のある広場からの眺め。
西日の赤い光の影響もあり、紅葉が一段と赤く見える景観。
こりゃ見晴らしが良くて美しい。
 
 
彦根城

眼下に広がる琵琶湖の景観も美しいです。
 
 
彦根城

さぁいざ国宝の中へ。
土足厳禁なので靴を脱いで入ります。
 
 
彦根城

彦根城の中の階段はかなり急な階段なんですね。
そう言えばおばちゃんの家の階段もかなり急な階段だったな。
昔の建物の階段は急だったのかな。
 
 
彦根城

彦根城

城内は意外と狭い。
平屋の方が開放感があって広い印象。
お城って意外にも狭いんですね。
 
 
彦根城

彦根城

とにかくお城の中の階段がはしご並みに急な階段でした。
これって当時もこのような階段だったのでしょうかね。
ちょっとしたダンジョンみたいで面白いですね。
 
 

最後に国名勝玄宮園へ

玄宮園

最後は彦根城の敷地内にあります日本庭園玄宮園へ。
大名たちの社交場として茶会などが開かれていたお庭らしい。
 
 
玄宮園

庭の池の水面に彦根城が写る美しい景観。
このショットを撮影しようと一眼レフカメラを持った方も沢山いました。
 
 

ですが残念ながら今、彦根城の白壁はご覧の通り、崩壊した状態です。
 
 
玄宮園

玄宮園

玄宮園

風情ある景観ですが、陽の傾きのせいか、今回は満足出来る写真が撮れませんでした。
季節の問題なのか、時間帯の問題なのか、とても心地の良い場所なので次回にまたチャレンジしたいと思います。

ってことで以上、駆け足でご紹介しました彦根城観光レポートでした。

ではでは。
 
 

関連記事

荒行で有名な大峯修行の宿場町 洞川温泉を尋ねる... 大峯修行をご存知だろうか。 荒行として知らており、山の崖の際から上半身を乗り出して、崖下に祀られた不動明王を拝む「西の覗き」が有名な修行。 そんな大峯修行の出発地である宿場町、洞川温泉に行ってきました。 信仰文化を色濃く残す風情ある洞川温泉の景観 三連休という事も...
国の重要文化的景観でもある棚田の絶景、和歌山県あらぎ島を尋ねる。... この場所は初めて知ったのは今年に入ってから。 ネットサーフィンをしていた際に偶然知った。 あまりにも珍しいその棚田の光景にカメラ好きの私の心は騒いだ。 場所は和歌山県有田郡有田川町。 大阪で暮らす私の家から車2時間程度で行ける場所。 関西在住...
醤油の発祥地、和歌山有田群湯浅町を尋ねる。... さて、やってきたのは和歌山県有田群湯浅町。 なぜ湯浅なの? 湯浅は2017年に文化庁の「日本遺産」に認定されたことで、町ぐるみの観光整備がされている場所。 2018年4月には新しい観光拠点「特産物流通物販センター・湯浅美味いもん蔵」がオープンし、これからますます観光客が増えるだろうって...
紫陽花が見ごろな長谷寺を尋ねる【奈良県桜井市】... 西国三十三所観音霊場第八番であり、真言宗豊山派総本山である長谷寺へやってきました。 紫陽花シーズンもそろそろ終わりという6月末ですが、果たして紫陽花はまだ綺麗に咲いているのでしょうかね。 また、今日までの特別拝観として、ご本尊である全長12mの十一面観音菩薩様の御足に触れて、直接お願...
元遊郭だった大和郡山の旧川本家を訪ねる... 2018年1月に耐震工事を経て一般公開された大和郡山市の旧川本家。 大正13年に建てられた遊郭の建物。 昭和33年に売春防止法が出来た後は遊郭は廃業し、しばらく下宿場として部屋を賃貸をしていたらしい。 その後大和郡山市が買い取り、一般公開となった。 ちなみに入場は無料です。 奈...
京都東山を観光、高台寺とか圓徳院とか二年坂、三年坂とか... 円山公園より歩いて京都東山を散策。 ここからブラブラと歩いて清水寺を目指す。 円山公園から二年坂、三年坂へと向かう途中にある「ねねの道」。 この地で余生を過ごした「ねね」ゆかりの地として名付けられました。 無電柱化されているので街並みがすっきりとしていて気持ちのいい道...
京都東山を観光、南禅寺とか水路閣とか琵琶湖疏水とか。... 南禅寺界隈の駐車場事情 観光名所の多い東山界隈は駐車場代が高いですね。 一日の最大料金がなく、常に15分でいくら、30分でいくらという駐車場ばかり。 15分で300円って5時間駐車すると6000円にもなる。 こちらは南禅寺の真ん前にある、観光客用駐車場。 普通車も停...
日本の滝百選の箕面の滝、大阪市内から30分で大自然のパワースポットへ... 本格的な梅雨入りとなった日本列島(北海道を除く)。 これから約一ヶ月ほどは屋外レジャーのしづらい時期。 今週末の天気予報も雨模様との事だったので特に出かける計画を立てていなかったのですが、何やら今日は非常に良い天気だとの事。 梅雨時期では週末の晴天は貴重な日。 これは出かけないと今度...

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2017年12月04日月曜日 | 21:00
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ