ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

中小企業に必要なのは社会に対して強いメッセージを送り続けるブランド作り。

何故、その事業を継続的にやる必要があるのか。
その事業を続ける意味。
そこには様々な想いがあるはず。
社会を変える。世の中を変える。 世界を変える。
そこまで大志を掲げるほどではないにしろ、自分達が信じて提供している価値観や概念があり、まだまだ知らない人にその価値に気づいて欲しい。
経営者は誰でもそう思っているはず。

しかしながら、営業スタイルとして自分たちの取り扱う商品をいかにして買って貰うのかという事に留まっている会社も多い。
とにかく価値はどうであれ、売れれば良いという営業戦略手法に特化した企業の販売方法と、とにかく安くという価格重視を求める企業のマッチングは後を経たない。

私が思うのは、どうすれば我々の商品が売れるのかという発想ではなく、どうすれば自分達が提供する価値観を受け入れてくれるのだろうとかという事

私たちが色々とWEBマーケティングを経験してきた結果、こうすればもっと良くなるという答えはある。
だがそれを行うには企業体質の改善が必要。
その対価は十分にあるのだけれど、二の足を踏む人も多いし、体制的に困難だと諦める人も多いという現実がある。

どうもデジタルマーケティングやブランディングなんて自分たちには出来ないし。
なんてはなから、そう思い込んで、そのパワーに不必要に懐疑的過ぎるようにように見える。

誰でもが簡単にメッセージの配信が出来るネット社会。

こんな世の中だからこそ、もっともっと企業の価値観をメッセージとして配信すべき。
あなたがネットで調べ物をして、新たな知見を見つけるのと同じ原理です。
どこかの誰かが調べ物をしてあなたの会社を見つける。
そしてその価値に共鳴する。

そのメッセージが響かないのは価値観に共鳴が出来ないのか、
それともメッセージの量が足りていないのか。
ただそれだけの事。
概ねメッセージの量が足りていない事のほうが多いと思う。
それは広告宣伝費の予算が少ないからだという意見は通用しない。
ネット社会では広告以外の配信手法はいくらでもある。
いやいやそんなの無理でしょ。
我々のメッセージなんで誰も見ないよ。
って始めからやりもせずに諦める。
これってメッセージを伝えたいという強い意志その物が欠落しているように思う。
売れるのならやるし、売れなきゃやんない。
さぁさぁ卵が先か鶏が先かって事。
ちょっと試して、売れないので辞めます。
そんなジャッジメントをしていたら一生売れないよって思う。
もっと商品の事を広く知って理解を深めて欲しいって気持ちが無くちゃ。
そういう想いをもっともっとネットで配信することが重要。
そう努力をすれば必ず想いは届く。

広大なネットの情報量の中からそんな事が出来るのか。
その答えを私たちは持っています。

このブログもその1つ。

お客様が社会に伝えたいブランドメッセージ。
それは垢抜けたロゴデザインやパッケージデザイン、もしくは広告デザインだけでなく、継続的にWEBを通じて伝えるメッセージ。
その支援をさせて頂きたく、私たちもブログやコラムを通じてブランドメッセージを伝えている次第。
そしてそれが私たちの営業活動を支える重要な戦略にもなっており、事実WEBからの引き合いのみで営業を賄っている状況です。

その詳しいWEB集客の方法を知りたい方はご一報を。

って事で今日はちょっと真面目に中小企業にこそ必要なWEBブランディングへの想いを綴ってみました。

ではでは。

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2017年03月10日金曜日 | 21:07
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ