Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

ロジクールK380マルチデバイスキーボード使用レビュー

301

大晦日にネットで注文した商品が元旦の朝にさも当たり前のように手元に届くという世の中の異常性に気づいた2017年の幕開けです。
みなさま、明けましておめでとうございます。

元旦の朝9時に宅配便が届きました。
朝起きて新年を迎え、まず嫁さんに新年の挨拶をし、続いて新年の挨拶を交わしたのが宅配便のおっちゃんです。
何だか申し訳なく思う次第でして・・・
このまま市場競争原理の勢いに任せて社会全体が利便性のみを追求していくと、楽をし過ぎて世の中ダメ人間ばかりになるのではと。
昨年末から宅配業者が増え続けるネットショッピングの荷物でパンク寸前な状況であるとのニュースが取り上げられ。
受取人不在で何度も再配達をしなければならないという、掘った穴をまた埋めて、そしてまた掘るみたいな不毛な作業に地球上のエネルギーが費やされている事態。
これはもうゴミの分別と同じく、行政が宅配ボックスを義務付けるなどの指導なしでは事は収まらないのかも知れません。
などと考えている2017年の元日です。

またまた前置きが長くなりました。

ロジクールK380の感想

302

思った以上にコンパクト。
開封してみてまず思った感想。
「うぁちっさい!」
持ってみて思った感想。
「コンパクトながらちゃち過ぎない重量感。」
「サイズといい、重さといい、これは丁度いい具合だわ」

打感はどうか

303

まず初めに感じたのがキーボードタッチが静かという事。
これなら外出先でもカチャカチャ気にならない。
あまりにもキーボードの音が静かなのでこいつちゃんと仕事しているかと思うほどかも知れないですよ。
ストロークは浅めのソフトタッチなので打感的には非常に負担のない楽な印象。
丸型ボタンってどうなの?って思っていましたが実際に使ってみるとなかなか楽しい。(結構新鮮な感覚です。)
コンパクトキーボードとしてはとても打ちやすいですし、surfaceのタイプカバーキーボードと較べてしっかりと打っている感じがします。
surfaceのタイプカバーキーボードがあまりにもダメすぎているのかも知れません。
通常のキーボードって使っているうちに貯まるボタン間のホコリが気になったりするんですが、この丸ボタンってホコリとか入りにくそうだってのが意外なメリットかもしれない。

Windows10のノートPCとiOSとKindleで使用しみました。

各々Bluetoothのペアリングもスムーズに完了。
キーボードのボタンで入力デバイスを切り替えれるは非常に分かりやすい。
Windowsのファンクションも問題なく機能しています。
Wiindowsとiosともに主要なショートカットも問題なく使えそうです。
Kindleは若干反応しないショートカットがありますがまぁコピペのショートカットが一応使えるのでそれほど困らないかな。

これはワークスタイルが変わりそうな予感。

304

キーボードを持ち運ぶ想定で買ったわけではないんですけどね。
今回、初めてBluetoothキーボードでiPhoneを操作してみて劇的だったんです。
物書きに取ってはBluetoothキーボードとスマホの組み合わせは最強かもしれない。
このキーボードとスマホがあれば記事の執筆やメールなどドキュメント系の作業はこれで十分なんじゃないかと。
どうやらもう手放せないほど持ち歩く事になりそうです。
これは今年、劇的にワークスタイルが変わりそうな予感。

これで3000円切るお値段なんです。

今ならAmazonでロジクール製品が10%OFFのキャンペーン中!
私もこのキャンペーンでK380をゲットしました。
だって2942円ですよ。

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2017年01月02日月曜日 | 19:27
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ