ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

比叡山延暦寺の前知識なく、ちょっと比叡山延暦寺にでも寄ってくかなって感じで行ったら大失敗した。

前回のブログでも紹介しましたが、この日、私は午前中に沖島をめぐり、家族は所要で和邇へ。
それぞれに用事を済ませて合流してさぁ帰ろうかと時間を見ると現在14時30分。
湖西道路を家路に向かう途中、比叡山出口はこちらとの事。
帰るにはちょっと早い時間だし、せっかく滋賀県まで来たのでちょっと比叡山延暦寺にでも寄って帰ろうと言うことに。
 
 
で、延暦寺に向かうこと20分。
この時点で2時50分です。
目の前に表れたのは比叡山ドライブウェイ。
『えっなになに!ドライブウェイに乗らないと行けないの!』
って交通料金を見てみると
『えっ普通車2600円!まじか』
ドライブウェイの入り口で行くか行かないか今更相談することも出来ず。
『ええい、ままよ!』
と比叡山ドライブウェイへ。

 
 
比叡山延暦寺
 
料金所で手渡された観光案内を見てみる・・・
『えっーと延暦寺は何処だ。』
延暦寺のお寺が見つからない。
お堂の名前しか書いてない。
ってもしかして山全体が延暦寺って事?
『広い!広すぎる!』
これは時間オーバーで交通料の元が取れないかも知れないと気が焦る。

 
 

横川へ到着、閉門1時間前

比叡山延暦寺
 
15時10分。
横川に到着。
駐車場から門まで進むと・・・
なんと横川と西塔は4時で閉門と書いてある。
『何?時間がない!』
急いで受付にて堂巡拝料を払います。
大人1人で700円。
これで横川、西塔、東塔のすべての堂巡拝料となります。
 
 
比叡山延暦寺
 
目的地である横川中堂まで、それほど遠い距離ではないけれど、気が急いているのでとても遠く感じる。
参道には比叡山の歴史がイラストで丁寧に説明されているがもはや目もくれず。
 
 
比叡山延暦寺
 
比叡山延暦寺
 
横川の本堂である横川中堂です。
舞台作りで船が浮いたように見えるのが特徴との事。
 
 
比叡山延暦寺
 
こちらが正面からの横川中堂。
当然、堂の中は撮影禁止。
 
堂の中はどうなってるかってダジャレはさておき。
お堂の中心が2mほど低く、そこに聖観音菩薩が祀られております。
ここの法灯の火は1200年前から絶やすこと無く灯されているのだとか。
『油断大敵』って言葉は油を絶やすと大変ってここから来たらしい。
 
 
比叡山延暦寺
 
観光案内に恵心堂って書いてあったので、せっかくなので恵心堂も見なきゃって何かも知らずに向かうことに。
結構急な斜面を登るんですね。
ああ時間があまりないのに・・・
 
 
比叡山延暦寺
 
登りきったところに恵心堂への案内看板が。
ここより歩いて5分だって。
 
 
比叡山延暦寺
 
見えてきました恵心堂。
何かの催事でもあったのか、白いテントが設営されています。
 
 
比叡山延暦寺
 
はい、これが恵心堂です。
結構小さいんですね。
念仏を唱える道場なんですって。
横川中堂にはツアーの団体客がいましたが、恵心堂は観覧しないんですね。
人が誰もいませんでした。
ちなみに恵心堂は内部非公開です。
 
横川には元三大師堂などもありますが今回はおあずけ。
急いで駐車場に戻って次の西塔に向かいます。
 
 

西塔に到着すること閉門15分前

比叡山延暦寺
 
車に乗って移動すること約10分。
西塔の駐車場に到着。
時間は3時45分。
もう閉門まで15分しかありません。
 
 
比叡山延暦寺
 
何か見えてきましたよ。
 
 
比叡山延暦寺
 
比叡山延暦寺
 
これは常行堂・法華堂(にない堂)。
同じ形をしたお堂が廊下で繋がっている建物。
国の重要文化財です。
ここも内部非公開。
 
 
比叡山延暦寺
 
にない堂から長い階段を下ると釈迦堂です。
多分ツアーではここもすっ飛ばすんでしょうね。
閉門ギリギリという事もありますが人が少ないです。
そういう訳でか、入場券を確認する受付も閉まったままです。
もはや無料で入れてしまいます。
まぁ人気のないの西塔。
 
長い階段を急いで進みます。
 
 
比叡山延暦寺
 
振り返るとほら、かなり急な階段ですよ。
 
 
比叡山延暦寺
 
西塔の本堂である釈迦堂。
ここも国の重要文化財です。
で、中に入ってお参りをすることが出来ます。
なんとお焼香でお参りをするんですね。
焼香台の横に高く積み上げられた100円玉。
多分これがお賽銭。
100円を置いて、1回焼香でお参りです。
 
 
比叡山延暦寺
 
なんと私たちがお参りを済ました瞬間。
『ようお参り』と声をかけながらお坊さんが扉を閉め始めた。
写真に写っているお堂の扉ですね。
まぁ何とかギリギリセーフでお参りができました。
 
さぁ続いては延暦寺発祥の地、東塔へ向かいます。
再び急いで西塔の駐車場に戻ります。
東塔だけは4時30分の閉門なんですよ。
 
 

東塔に到着、閉門20分前

比叡山延暦寺
 
車で向かうこと約10分。
4時10分、東塔駐車場に到着。
東塔は比叡山延暦寺のメインステージということもあり、駐車場も広く、お土産屋もあります。
先程の団体ツアーのバスも停まっていますので、ツアーでは主要なお堂しか巡らないみたいですね。
 
 
比叡山延暦寺
 
何やら観光場所が色々ありそうですが。
とにかく本堂を目指します。
 
 
比叡山延暦寺
 
比叡山延暦寺
 
比叡山延暦寺
 
駐車場より徒歩3分。
まず見えてくるのが大講堂。
こちらは中に入ってお参りすることが出来ます。
こちらもお焼香でお参りです。
 
 
比叡山延暦寺
 
大講堂の横には大きな鐘がありました。
 
 
比叡山延暦寺
 
鐘の横に歩道がありますので下って行きます。
 
 
比叡山延暦寺
 
歩道を進むとお土産屋さんなどがある広いスペースに出てきました。
 
 
比叡山延暦寺
 
で、振り返ると。
ありました。
これが比叡山延暦寺の総本堂 根本中堂です。
今は大規模改修工事の真っ最中。
 
 
比叡山延暦寺
 
比叡山延暦寺
 
比叡山延暦寺
 
根本中堂は堂の中のみならず、門の中も撮影禁止。
写真で伝えられないのが残念ですが、少林寺の映画で見るような、まさに修行寺っていう作りでした。
 
ご本尊は釈迦如来様。
ご本尊の前の法灯も1200年灯し続けている『不滅の法灯』なんですね。
大規模改修中といえどもその灯を絶やすわけにはいきません。
もちろん国の重要文化材です。
 
 
比叡山延暦寺
 
場所は変わって先程のお土産屋の前にあります万拝堂。
 
 
比叡山延暦寺
 
108個の玉を並べた巨大な念珠があり、唱えながら手で玉を回し、1周するんですね。
ここは最近出来たものなので撮影禁止ではないです。
さぁこの時点で4時30分閉門です。
 
 

まとめ

比叡山延暦寺の広さたるや凄いです。
山全体が比叡山延暦寺なんですね。
私は今日のこの日まで延暦寺というお寺があるのだと思ってましたよ。
もうほんとチェックポイントを時間ギリギリで通過するだけで精一杯の比叡山観光となってしまいました。
トイレも我慢してましたから。
比叡山ドライブウェイで2600円を払い、入館料700円を払うのならやっぱり朝からゆっくりと観光しないともったいないです。
今回は比叡山に対して無知すぎて大失敗でしたね。
 
 
比叡山延暦寺
 
比叡山延暦寺
その後、比叡山山頂まで。
10月30日で気温10℃。
寒いです。
 
 
img_2531
 
閉店間際の山頂の売店でおでんです。

さぁおでんで体が温まったところでぼちぼち帰りますかな。
 
 
ではでは

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2016年11月02日水曜日 | 18:04
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ranking 人気記事ランキング

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ