ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

買ったままの本が眠っていませんか

20161017

 

10月になりました。
2016年もいよいよ年末を意識する時期になってきましたね。
気温も下がり、そろそろ秋も本格的に深まってまいりましたが、食の秋、スポーツの秋、読書の秋、ですね。

最近活字は読んでいますか?

うちはテレビゲームはもちろん、漫画やテレビをあまり見せてもらえない家庭だったので、楽しみといえば読書でした。
一人7冊まで、二週間借りられたんですが、だいたい借りてきた初日に3冊ほど読んでしまって、期限の二週間を待たずに「図書館行きたい」と催促するような小学生時代を過ごしました。

そんなわたしでしたが。

大人になって、漫画やテレビを覚え、インターネット上でのコミュニケーションを覚えてからというもの、いわゆる活字(小説)を読む機会がめっきり減ってしまいました。
それなのに古本市などが好きでちょろちょろ覗くので、気になる本を見つけては買って、読まずに積んでいるんですよね。

それを知人に話したところ、かわいそうだと言われました。
え、かわいそう?その発想はなかった・・・

知人いわく、

本にしてみれば、書店に並んでいる時点で「よし行くぞ!」と仕事する姿勢のはずだ、と。
きちんとカバーや帯をかけられて、おそらく本にしてみればスーツを着込んだ気分でしょう。お仕事するぞ!と気合を入れて購入者の元へやってきたのに、そのまま捨て置かれ、いつまでたっても読まれないで戸惑っているはず、・・・かわいそうだ、と。

そんな風に言われてしまうと途端に申し訳なくなって、積んでいる本を確認してみたところ、
途中まで読んで放置している本 4冊
買ったまま読み始めていない本 3冊

これはいけません。7冊の本が泣いていますよ!
そういうわけで、今年は読書の秋を過ごして冬に備えたいと思います。

この記事を共有する

投稿者:Nakamura
    2016年10月17日月曜日 | 17:53
    またひとつ歳をとりました・・・

    この人が書いたその他のブログ記事

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    • I.M.Dコーポレートサイト
    お問い合わせ