ホームページ制作・大阪インフォメーションメディアデザイン

06-6809-5021

Staff Blog
スタッフブログ

オンラインで相談する
  • Twitterでシェア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Google+でシェア
  • follow us in feedly

高齢者問題と待機育児問題の両方を解決するヒントだと思う人手を挙げて!

名称未設定-3

noteの記事でこんなのがあった。
「誰も書いてくれる人がいないので、「赤ちゃんのいる老人介護デイサービスのすごいところ」を書いてみます。」
その手があったか!って感じちゃいました。
いろいろと規制の問題を乗り越えなくちゃいけないけど。
これぞ原点回帰の素晴らしい発想だと思います。
非常に美しい問題解決方法になるのではないでしょうか。
私の父親も妹の孫の面倒を見ておりますが、孫の面倒を見ることでボケ防止になりますよね。
そして祖父も孫に慕われるのが何よりも嬉しい。
まぁ自分の孫でなくとも、誰の子であれ、子どもって愛らしくて可愛らしいもんですよ。
しかしながら、老人一人で元気な孫のご機嫌を取るのは大変だと思います。
年を取るとその日その日で体調も変わりますからね。
元気な孫に合わせて無理して体調を崩すなんて事も聞いたりしますから。
そこで、多数の高齢者で子どもの世話をするというのはとても良い考えなのではないかと思うんです。
高齢者に負担が少なく、楽しく子どもに接する環境づくりってとても有意義な事ではないでしょうか。
ひるがえって実際に自分の子供を育てる両親となると可愛らしいだけでは当然済まないんですよ。
24時間365日、大人になるまで面倒を見ることになりますから色々と問題もあります。
今の世の中、24時間そばにいてやるわけにもいかないし。
共働きじゃないと家計事情が賄えませんから。
かといって保育園は待機児童でいっぱいだ。
じいちゃんばあちゃんは地方住まいで孫の面倒は見れないだ。
まぁそんな家庭事情が大半です。
で、高齢者に子どもの面倒を見てもらうというマッチングは非常に可能性を感じたわけですよ。
高齢化社会と少子化問題の解決方法としてね。
これは社会問題を解決するヒントになりそうですよね。

この記事を共有する

投稿者:廣田 泰規
2016年01月30日土曜日 | 20:02
ホームページ制作会社の想いやグチとか、その他雑感を書いております。たまには大阪ローカルネタ等も

この人が書いたその他のブログ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • I.M.Dコーポレートサイト
お問い合わせ